2009年5月27日水曜日

インフルエンザにやられた

新型インフルエンザの「被害」を蒙ってしまいました。


いえ、罹患したのではありません。インフルエンザの影響で予定されていたイベントが急にキャンセルになり。


白河のホテルで予定されていたある企業のお客様招待イベント。そのイベントでフラダンスショーの仕込みを依頼され。二日間。数ヶ月前の依頼物件。いわきのフラガール先生に頼み、出演者確保。電話、FAXで再三やりとり。スケジュール調整して貰い。来月初旬と下旬のイベント、出演者はかなり練習に励んでいたとか。出演者も楽しみにしていたとか。見る人あってのポリネシアンダンスショー。


きょうホテルから連絡あり。「接待、招待するお客さんの大半がなんと大阪の人達なんです。企業の方でもお客さんにもしものことがあってはということや、なるべく"集団での移動"は避けたほうがいいという経営者の判断でイベント中止にしたいって言ってきたんです・・・」。


目の前真っ暗。びっくり。ホテルも大きな売り上げ減。ことはインフルエンザ。これだけの騒ぎの中。致し方ないとはわかるんですが。まさか福島県に「飛び火」してくるとは。予想だにしなかった出来事。


フラダンスの先生に連絡してキャンセルの旨伝えると先方もしばし絶句。差し繰った踊り手さんたちの日程復元など大変な作業をさせてしまうようで。


事が事だけに了解はしてもらえましたが後味悪し。仲介者の亭主も疲労感でいっぱいになり。インフルエンザによる「被害」はこうやって全国に飛び火しているんでしょうかね。おそるべし、インフルエンザ。


さてさて、キャンセル料どうするとか、事後の問題も抱え込む始末。頭痛いです。なんか風邪にかかったみたいな体調になって来ました・・・。



0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...