2010年6月14日月曜日

眠られぬ日々

東北にも梅雨が来たのでしょうか。雨。肌寒く。またまた風邪の気配。寝不足も原因なんで。はい、昨日はワンが自宅泊。ほとんど寝ずの"看病"で。大声で泣くので耳も痛く、頭も痛いし。病院のセンセイのご都合だったのですが。澪も辛そうだけどゲンキも大変。センセイからは"薬"を戴いてはきていたのですが。どうも上手く行かず・・・。


いよいよ始まったサッカーワールドカップ。そこそこサッカーフアンの亭主。チャンネルを合わせる合わせる。今夜はカメルーンと日本。寝られない。眠られぬ日々が続きそう(笑)。


テレビも全くワールドカップ一色。よくもまあこれだけ話題捜してきてやるもんだと。イケメン選手ランキングなんて。馬鹿馬鹿しい企画まで。サッカーは顔でやるんじゃないよ。思い出した小咄。男にもてないって泣く女の子に間違って言った奴がいる。「人間の顔じゃないよ」って。「人間は顔じゃないよ」って言おうって思ったのに間違えた(爆)。野獣ってあだ名のサッカー名選手もいたのに。


しばらくはテレビのサッカー漬けになりそうな気配。評論家には成る気なし。それにしてもテレビのサッカー番組、アナウンサー、解説者が誰かによってどうしてこんなに違うんだろうって。変なアナや解説、司会を見聞きすると興がそがれることこの上なし。


寝不足で体調すぐれないところにもってきてパソコンも不調。眠っているのかと思うくらいに遅く、重い。季節のせいかい?(笑)。これだけ書くのも一苦労なのでありました。



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...