2010年6月18日金曜日

過ちを改むるに・・・

過ちを改むるに憚る事なかれ。はい、勿論論語を元にした有名な諺。


菅新政権、参院選マニフェストに関連して「消費税増税、10%アップ」打ち出し。すかさず公約違反と批判の声。はい、マスコミなんですが。たとえば朝日新聞の本記。


「民主党が昨年8月の総選挙で掲げたマニフェストは消費税率の引き上げに触れておらず、当時党代表だった鳩山由紀夫前首相は「私どもが政権を担う4年間、消費税の増税をする必要がない」と明言していた。党代表が菅氏に交代したとはいえ、わずか1年足らずで党の基本政策をひっくり返したことは、党内外の批判を呼びそうだ。


"くせ者"はこの最後の一行。内外の批判を呼びそうだ。内外ってどこの誰。書いてるアタナでしょ。自分の意見は言わずなんでも"伝聞的"にやらかす。記者会見でも然り。「そういう声がありますが」とか。何処の誰の声。アナタの声でしょ。漠然とした世論とか世間とか風聞にかまけて疑問をぶつける。どうも姑息としかいいようがない。反対なら反対と書けばいい。そして一方の社説。そこから滲んでくるのは"歓迎"の筆致。


自民党がいち早く消費税10%アップを言い出した時は批判的な記事は散見されなかった。どうも政策議論になるとマスコミは定見を欠く。一年たらずで基本政策をひっくり返した。いいじゃないですか。そのままやってろと言うことですか?。間違いに気づいて改める。いいじゃありませんか。公約違反、マニフェスト違反とやり玉にあげてなんの得やある。


しかも衆院選で信を問うとまで踏み込んだ。いいじゃないですか。勇気あるじゃんって。


抱き付きだとか、擦り寄りだとか。そんな批判は次元が低い。


もちろん貧乏亭主、税金が上がるのは嫌ですよ。困りますよ。でも、この国の将来考えたら、切る物は徹底的に切って、上げる物は上げないと成り立たない。飴だけばらまいた鳩山政権。菅直人よ、敢えて悪者になりなさい。本当にそれしかないと信じるなら。国民福祉税を持ち出した細川政権は瓦解した。その徹を踏むか否か。


嗚呼、またも気になるマスコミ論調。無責任論調。みんな一緒に真剣に考えようよ。オランダ戦控え、岡ちゃんも選手と一緒に真剣に考え議論している。スポーツメディアも勝つための方策を真剣に考えているように映るのですが。



2 件のコメント:

アリプロ さんのコメント...

ご亭主さま
 今、帰って何回も読み返しました。
私マスコミって自分の生活優先で記事書いてると
硬く信じているものです。
もう10年になります。雪印乳業食中毒事故の
ことです。覚えて入るでしょうか。多くの方々特
に関西の皆さんに大変にご迷惑をかけた事故です。
別に言い訳をするわけで無いのですが、そのとき
のマスコミの対応が偏っているのです。
例えば社長が「私は眠ってない」今でも時々報道
されます。あれって何時間(5~6時間)も取材
対応の後の出来事です。社長は今日はこのくらい
でいいでしょう。はきり解明したら報告します、
と話したのですが、マスコミはそのことは伝えず、
ただこの不誠意な場面が欲しかっただけなのです。
別に社長の弁護はしませんが、特に社会部は偏見
に満ちていると聞きます。
マスコミもわるいが国民もだめ。
マスコミ発表を意味無く信ずる証拠は支持率です。
短期に支持率が上がり下がりすることがおかしい。
個人的には小沢さんがどうした、こうしたより政策
が重要。本当に金にきれいな政治家は全政党に何人
いるか。いないでしょう。
ご亭主のご意見、マスコミ幹部へ投げてください。
   是非反映してください。応援しています。
    
                アリプロ
 

亭主 さんのコメント...

アリプロさま
恐縮です。
取材者と取材されてしまう人たちとの関係。
「弱きをくじき、強きを助ける」。そんな報道ぶりはいつもながらで。雪印然り、不二家然り。相手が弱いとみるやとことん感情的に追い詰める。「トヨタ」の時のあの引け腰はなんだいって。スポンサーには弱いんです。言葉の端端だけ取り出して「攻撃」。鼠小僧も国定忠治も怒っていますよ(笑)。
どうも一部マスコミの人も当店のぞいている気配あり。「引用」というか、数日後に同じ論調や姿勢が出てきたりしていて。思わず「真似するな!」って(爆)。
応援深謝です。今後ともよろしく^^

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...