2010年6月20日日曜日

つい広告にだまされて

先日。新聞に載っていた本の広告。本の題名ではなく帯封のコピーに惹かれ。アマゾンで買ってしまった本。広告にはこうあった。「ここに確かで美しい日本語がある」と。


たまたま「塾」で日本語の話をしていることもあって手を出してしまったのですが。


ある作家の月刊誌に連載していた巻末エッセーをまとめたものだった。その作家の日記のようなものであり、随所に出てくるのは病気の話しばかり。なんとか文学賞をとった作家なのですが。


美しい日本語にはお目にかかれなかった。内容も結果「だから、何」って感じ。文芸春秋社ともあろうものがよくこんな本を出版したもんだ、よく広告を打ったもんだ。


またも反省なのであります。本は本屋に行って、一応ペラペラと数葉めくってみないと。簡単手軽なアマゾンやるとこうなる。


近くに書店があればいいのに。そこそこ品揃えしてある本屋さんがあればいいのに。無いんですよ。最近は。駅前のデパートかちょっと郊外の岩瀬書店にでも行かないと。


本は(いや本だけには限りませんが)現物を、実物を見てみないと「ゼニ失い」ってことになりかねない。昨日発売の雑誌。新潮45。田中角栄特集。結局デパートの本屋に予約して取り置きしておいてもらい、雨の中、求めに行ったのです。あと数日待っていればよかった。(笑)。


新潮45も中身はたいしたことは無し。ただ角さんの演説のCDがついている。それが欲しかった。演説聴いたからってどうってことはないのですが、なんとなく聞きたくなったあの声・・・・。



2 件のコメント:

K.Y さんのコメント...

私もよく失敗してしまいます。先日は通販で、箱を開けて試着したら雰囲気が全然違くてガッカリ↓でした。箱は無駄にガサばるし…。
【文芸春秋】長年に渡り、祖父がとっていましたね。本屋さんが毎月山の上の祖父宅までわざわざ届けにきてくれていたのを思い出しました。

亭主 さんのコメント...

k.yさま
そうでしたか(笑)。
生協含めやはり通販は気を付けた方がよろしいですね。
お手にとってご覧下さい。バナナのたたき売りがまともかと(爆)。もっとも味は・・・・。
おじいさんはフアンだったのですね。亭主は雑誌「文藝春秋」は中学の頃からよく読んでました。巻頭に同級生交歓という写真付きのページがあって。大きくなって有明になっら、いや、同級生の誰かが偉くなったらここに写真が載るかもしれない。そんな夢想を抱いた時も。ならなくてよかったナ。

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...