2010年6月23日水曜日

NHKが相撲中継を止める?

野球賭博問題で揺れる角界。週刊誌の後追い報道。集中的、画一的切り口。各メディア。それにしても凄いネタもと持っている週刊新潮。ネタもと知りたいよ(笑)。


とにかく煮え切らない相撲協会幹部。会見での追及に「キレル」なんて、理事長の顔は小沢一郎の顔に見える(爆)。何が彼らをして逡巡させているのか・・・・。闇、伏魔殿、能力欠如か。


名古屋場所が開催されても「皆様のNHK」は相撲中継を見送る、中止するとの動きありとか。福地会長さんの下知。


おかしいですよ。みなさまのNHKでしょ。場所が開催されたら中継はやるべきでしょ。疑惑が解消されてない、土俵に上がっている力士にも疑いがあるという状況では公共放送としては電波に乗せる訳にはいかないと言うことなのか。清く正しい皆様のNHkは、それなりに身の程わきまえずに「制裁」という挙に出ると言うことなのか。


疑惑の場所。それを中継して見せるのも面白いんじゃないですか。力士一人一人の表情を見ながらテレビの前で素人下馬評するのも。どんな場所になっているのかを見せるのもメディアの使命。あるがままの姿を伝えなさい。独占放送、大相撲中継。相撲期間中は民放の裏番組は視聴率メタメタ。


「声なき声を聞け」、安保改定の時に岸信介が言ったセリフ。中継に反対という視聴者からの声が多数寄せられているのが「中止判断」の基準だとも。どんな内容でも場所中継は見たいってフアンもいるはず。それが今は声なき声のはずと。


すべからく今のメディアは自分たちが「社会的制裁を下す」ということに使命感を持っているような。思い上がりも甚だしいと思量するなり。



0 件のコメント: