2010年8月24日火曜日

戸惑う「トンボ」

庭にトンボが一匹、二匹・・・。生け垣にとまっています。近づいても逃げようとせず。だいぶ弱っているのかも。


きょうも酷暑であります。いわずもがな。挨拶は「暑いですね」のみ。風にも秋の気配は感じられず。昨夜はさながら熱帯夜。まだ夏、夏、夏。


しかし、まるでカレンダーを熟知しているかのようにトンボがやって来た。トンボと言えば秋なのに。狂った季節。迷い込んだトンボ。戸惑っているトンボ。


ラニーニャ現象だのなんだのと気象専門家はいう。とにかく季節がおかしい。狂った季節。


季節が狂えば人も狂うということか。連日伝えられる「狂ったような犯罪」。狂ったような話題。酷暑で儲かったとこ、損したとこ特集なんてやってるテレビ。なんでも金勘定、損得計算ばかりのメディア。


政治も狂ってしまっている。小沢だ菅だ。狂った為替相場に打つ手を持たない政治。車で5分のところにいるのになんで首相と日銀総裁が電話会談なの。すぐに会えるじゃない。「成り行き注視」だって。注視だけならトンボの目だって出来るワイ。


地球上は普通のことが普通でなくなっている。まさに季節も。季節を間違えたトンボと日差し遮りながら世間話しでも・・・。話しかけたらトンボはどっかに行っちゃった。「わしゃ知らん」って(爆)。



2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
だから、今の人間界では普通のことをやったり言ったりすると異人、偉人、変人、奇人と呼ばれるでしょう。昔の普通は今の異常?はてまた、「昨日の奇説は今日の常談」
続く猛暑で頭が錯乱してしまったTACO。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
頭の錯乱は当方とて同じ。
たしかに、以前「普通」の事だたのがいまでは「普通じゃなくなった」。普通ってことは難しいのかも(笑)。
普通の暮らししてるつもりだけど人からみれば普通じゃないと思われているかも。
それにしてもこの暑さどうにかならぬものかと。

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...