2010年8月26日木曜日

民主党よどこへ行く・・・

いまさら国民不在だとか、所詮は政権党の内ゲバなんて言う気はさらさら無く。はい、政治はもともと「国民不在」なんですから。


小沢が代表選立候補表明。菅もやたら張り切って、いつもはしどろもどろがいきなりやる気(代表選)満々。どうぞどうぞご勝手に(笑)。もちろん興味と関心はありますが。


鳩山・小沢・菅・この三人の相関関係読めない構図。結局小沢が鳩山を上手く使ったということか。鳩山くん別荘での小沢ご臨席。ちょっと持ちあげすぎだけど鳩山は「闇将軍」を気取ったかも。たぶん、菅がのめない提案を持っていったのか。のめないこと承知での「芝居」だったのか。仲裁は時の氏神っていうけれど、"神サマ"はいきなり大義ふりかざして小沢についた。


政界引退などと言ったのがいつの間にか"撤回"。小沢の意向を聞いて菅に伝え、菅の意向を聞いて小沢に伝え。結果「缶ケリ」ならぬ「菅切り」。政局音痴の鳩山には荷が重すぎた役回り。


菅と小沢。60過ぎた大の大人の「サルカニ合戦」(爆)。双方ともに名参謀を持たず。カニをつぶしたような顔の山岡とか松木とかが側近、これが側近とは、底がしれたる大将の器。菅とて同じ。仙石とか誰とか。タナボタ政権の余録にあずかった程度のもの。知恵者はどこにも存せず。


名参謀おらず。船頭多くしてなんとやらのたとえのような代表選必至。


一応、一応、民主党だって政党。要の幹事長なる人が出てこない。どこで何をしているのか。党内まとめられない。そりゃ最初からわかりきっていたところだけど。副代表とかいう人が小沢かついでわめきまわっているというのに。


政党の態をなしていない民主党。はてさてどこへ行くのやら。終わりの始まりなのか。国民は小沢の登板望まず。されど政界力学では小沢に軍杯あがる見通し。小沢に替わったかと言って「ねじれ」解消するわけども無し。またぞろ連立話しか。元の濁れる自民恋しきか。


小沢は負けたら党を割って出るとも。はい、どうぞどずぞ。政界再編望むところ。分裂を心待ちしているヨシミやヨウイチ。菅も負けたら割るのかい。


小沢陣営のお題目。マニフェスト原点回帰。それがまやかしだということは国民こぞって承知。


だけどね。一応は政権党。その中の党内抗争を「コップの中の嵐」なんて単純な言葉では片づけられないと思うんですがね。


軽井沢と永田町。気温差はかなりあるはずなのに。異常気象で同じになったのかな。誰もあたまを冷やしてこなかった(爆)。



2 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

この茶番劇に終止符はあるのでしょうかね?
みっとも無いったらありゃしない・・・
せーので、皆マグロのように進むべき方向に
がむしゃらに泳いでみたらいいのに。
温暖化による海水温上昇で乱れ乱れる雑魚の群れ(悲)

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
ドモドモ^^ようこそ。お久し振りで。
はい、劇には必ず終わりがあります。ハッピーに終わるか、悲劇に終わるかは別にして。センセイのケンカ見て子供はどう思うか。偏差値は高かったかもしれないけど、人間教養ゼロの方々。マグロも意ってました。「一緒にしないで」と。(笑)。油ののった秋刀魚食べたいですね。永田町にはいないけど。永田町にいるのはオコゼやダボハゼくらい(爆)。

「不幸な国を生きる者」として

国連の「世界幸福度報告書2018」によれば、日本のそれは54位だという。去年は51位。幸福度なるものが年々下がってきているらしい。 第1位はフィンランドだ。 幸福度とは「一人あたりのGDP・社会支援・健康余命・社会の自由度と寛大さ・汚職の頻度」などについて分析したものだ。 ...