2010年8月29日日曜日

かくも醜き泥試合

この人たちってまともじゃない。民主党代表選。やはり出ましたね。金をめぐってのつぶしあい。不正があった、なんだかんだと。菅、小沢両陣営から出される「情報」。新聞、週刊誌使って。来週はもっとひどいことになる予感。誹謗中傷、怪文書。いくら選挙にはつきものだとはいえ。根も葉もあるのかないのかそんなこと亭主は知りませんが。とっくの昔のことがなんでこの時期ってこと。


とのかく劣化激しいマスコミはすぐ飛びつく。うまく「特ダネ」にしてやれば扱い大きいし。下世話な古い手法なんですが。


そしてテレビの討論番組。あのののしりあい、悪口はとてもじゃないが同じ釜の飯くったやつ同士の"議論"じゃない。飯は食ってないか。同じ党だっていうことだけか。自己保身のためだけの。


それぞれの派がスポークスマンに選んだのか。同じようなメンバーがお互いを罵倒しあうこと。これで選挙終わったらシャンシャンっていくのかどうか。普通の人ならそうはいかない。あれだけ言われて黙っておられるかってことになるはず。


政治家ってオトナなんですね。(爆)。


なによりもほくそえんでいるのがテレビ。テレビの"罠"にのせられはまったオバカな政治家たち。


まったく醜く、目を、耳を覆いたくなるような泥仕合。「これでは泥仕合ですよ」というマスコミがそれを仕掛けている。協力している。


政治家もマスコミも、およそ「権力」といわれる人たちっていったいどうなってるんだい。ばかばかしいからテレビ見ないぞ。そんな人が増えている。だからテレビは嫌われる。


愛で地球を救おうってチャリティー募金やってる24時間"偽善"テレビ。暑いなか御苦労さま。募金一億を優に越しており。すごいですね。テレビの力。それにしてもこの番組の出演者。あまりにも・・・・。



0 件のコメント:

「不幸な国を生きる者」として

国連の「世界幸福度報告書2018」によれば、日本のそれは54位だという。去年は51位。幸福度なるものが年々下がってきているらしい。 第1位はフィンランドだ。 幸福度とは「一人あたりのGDP・社会支援・健康余命・社会の自由度と寛大さ・汚職の頻度」などについて分析したものだ。 ...