2009年4月8日水曜日

高齢者って金持ち?

日本の家計の金融資産は約1,400兆円。その半分は60歳以上の「高齢者」が持っている・・・。よく例えに出される話なんですが。そんなに年寄りってカネ持っているのかっていつも疑問に思うんです。あるとこにはあるんだーーていうことなのか。何件も天下った高級官僚。億単位の退職金貰った人達や麻生家、鳩山家ならいざしらず。蓄えているのは葬式代だけ。亭主。


この資産ってタンス預金や銀行預金のことなのか。家など不動産も入っているのか。


なんでいまさらこんな話かっていうと麻生君なんです。今やっている経済対策の補正予算。贈与税の控除額引き上げ。親が500万円子供にくれてやって家を建てさせる。税金かからない。家を建てて貰ったからその分浮いた金でじゃぶじゃぶ物を買え。そうすれば景気が良くなるって理屈。定額給付金のバラマキに続くなんとも「金持ち」らしい発想。


仮に高齢者が金持ちだったとしてもそれは老後の不安への蓄えっていうのが普通の感覚。子供にくれてやっても面倒見てくれる保証ないし(笑)。兄弟いれば取り合いの骨肉紛争。


子孫に美田残すな。


車をエコカーに買い替えたら25万補助。エコの美名に隠れた自動車産業保護の国策。地デジ買い替え補助。いままでにいち早く政府の政策を是として買い替えた人との格差はどうするの。こんなこというから「買い控え」が起きる。安くなるまで、国が面倒みてくれるまで待とうって。


待てば海路の日和ありかい。


金融機関も「高齢者」の資産獲得に躍起とか。年金保険などの商品も。10年置いておけばそれなりの年金になるとか。まだタンスよりはこっちの方が。元本保証なら。金融機関の経営安定すれば国が公的資金注入って税金を銀行にくれてやる必要がなくなるんだし。


とにかく贈与税減税問題。明らかに金持ち優遇税制。景気浮揚効果見込めずと思うんですが。定額給付金も然り。景気浮揚効果が出たってちゃんとした機関がが認めたら亭主は坊主になりますよ。


年金、保険、医療・・。老後の不安がなければ年寄りだってそれなりにカネ使うかも。振り込め詐欺に遭わない限り。なんか本末転倒じゃないのかな。



0 件のコメント: