2009年9月5日土曜日

「白紙」とは棄権より悪い

首班指名選挙。自民党の中が大揺れ。麻生って書きたくないってことで、あの日和見幹事長も「白紙」って方向転換とか。どこまで堕ちる自民党。どこまでダメな自民党。


首班指名選挙とは国会議員に託された義務。政治家として総理大臣に誰がふさわしいか、誰になってほしいかの意思表示をする最低限のお仕事。


「白紙」というのは選挙で国民が棄権することに等しい。いや、それよりも"悪質"。権利の行使もできない・・・。白紙っていうのが意思表示というなら、投票所に行かない国民も意思表示。それを非難すること叶わず。棄権はいけないと学校でも、子供たちにも教えている。


かつて総理大臣やった人が、選挙で負けそうな時、「国民は投票所に行かず寝ていてくれたほうがいい」って言った。確信犯。国民の権利、義務に対して、その程度にしか考えてない人が総裁だった自民党。「白紙」って判断にも疑問を持たない。全部の人がそうだとは言いませんが。


自民党の職務放棄は他にも。WTOなど重要な国際会議に閣僚を出さない。いやしくも総辞職までは現職閣僚。散り際潔くすべきなのに。行って、発言して、会議に参加して、次の大臣、民主党の大臣に引き継ぐべき。無責任官僚を責められるはずもない。


で、麻生って書くのが嫌だという気持ちはよくわかる。良識かも。でも、総裁選の前倒しはままならない。で、提案。この際、自民党の国会議員として総理に誰がふさわしいか。それぞれに書かせてみてはいかが。もちろん自分の名前を書く人もいるかもしれないけど(笑)。それぞれが意中の人の名前を書く。その結果は月末の総裁選に反映されるかもしれないし。鳩山って書く人いたら、自民党瓦解。政界再編・・・。それもまたよし。



2 件のコメント:

仏のテリー さんのコメント...

白紙は無いですよねー。
ただ気持は痛いほどわかりますが・・・。
いっそのことお祝いも兼ねて“鳩山”と書いては駄目ですかね?
評論家の三宅氏も言ってましたが「過去にもあった」と。
いづれにしてもなんだか目を覆いたい自民党!!
再生なるか?
なるもならぬも麻生が今日にも辞めない限り再生不可能!!

亭主 さんのコメント...

仏のテリーさま
「永田町の懲りない面々」なんて本を上梓されてはいかがですか(笑)。
散り際の美学と心得ていない人って嫌だ。
その点、ちょっと思い出すと宮沢喜一にはそれが垣間見えて。漢詩に心境を託し・・・。要は名参謀がそばにいないって事につきるんでしょうかね。「為公会」なんて名前は中国の古典からとっているのに・・。