2009年9月14日月曜日

「ね」の不快感

どうでもいいことであり、別に見なければそれでいいのであり、人それぞれなんですが。


NHK夜9時からのニュースウオッチ9に出ている田口五朗という人。この番組、NHKの報道の看板番組であろうし磯村尚徳という名キャスターを誕生させたテレビの報道史に残る番組。、なのに、そして、ひくてあまたの人材をかかえている筈のNHkなのに。なんでこの人が起用され続けているのか。どうも理解に苦しむところであります。ほんと余計なお節介でスイマセン。ちゃんとお金払って見ている一視聴者の繰り言。


人相の事は言うべきではないと思いますが、どうも彼のご面相はお笑い漫談家のよう。ジャーナリスティックな雰囲気は感じられない。それはともかく、ニュースの項目ごとに喋るコメント。どうでもいいような当たり前のことを滔々と述べる。その際ー。「この問題はです"ね"、長年の懸案だったんです"ね"」とかなんとか知ったかぶりの説明かた始まって、「全力を挙げて解決してもらいたと思うんです"ね"」。とにかく、ひとことひとことのあとに"ね"っていうのがついてくる。一日の番組の中で何回"ね"って使うんでしょうか。もちろん数えたことはありませんが(爆)。とにかくこの人の"ね"は鼻につく。ストレスとなる。だって必要ないんです"ね"という言葉は。これって文法で言えば終助詞っていうことになるのかな。


テレビ朝日の昼のワイドショーの佐々木くんも夕刊なんとかってコーナーで早読み。彼も年中"ね"を連発。こっちはまだ芸能ニュースみたいなもんだからまだいいけど鼻につくのは同じ。


テレビ局のアナウンサーでもなにかのレポート、中継ではよく"ね"をつかいます。"ね"と"よ"。文節の終わりに。


「自分の言葉で喋ろう」ってすると、どこか柔らかく、親しみを込めてっていうことでしょうか。"ね"とか"よ"を使ってしまう傾向があります。「綺麗な花が咲いているんですよね」。「花が咲いています」でいいはずなのに。


"ね"を使うってことは、慣れ慣れしさになり、田口キャスターの場合は隣の青山さんだっけ、あの女性との会話でなら、まいいけれど、視聴者に対しては失礼になる。それこそ「上から目線」となる。コトバに五月蝿いNHKのアナウンサーさん達はどう見ているんでしょうか。番組のプロデューサーも。


夜のテレビ、ニュース以外に見るもの無し。仕方ないから家に居るときはNHKにしてしまう時がままあり。いささか音を上げています(爆)。どうにかならないかな(笑)。



6 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、よくぞ言ってくれました!快哉。でも絶対どうでも良くない!顔は我慢してやるとしても・・・。
青山さんが可哀そうだ。ニュースのナレーションがシリアスに感情を込めているのにこのオッサンが一言しゃべるとニュースの価値がガタンと落ちてしまう。雨が降らなければ晴れでしょうってなことばかり言ってるけど天気予報士のお姉さんの方がよっぽどまし。
田口五郎を降ろさなければ「視聴料金払わないぞ!」ってNHKへ投書してやりたい。視聴者の御意見箱ってホームページ無いのかチェック。
番組のタイトル「ニュース無イン」にしろ!
まあ見なきゃいいってことですけれど・・・。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
よくぞコメント寄せてくださいました。この上ない援軍かと(笑)。
笑いついでに「ニュース無イン」に座布団10枚!!
どうもNHKには「苦情」行ってるようですよ。だけど無視。視聴者はカネのもと。虫けら扱いだって。きのうも仕方なく見てしまいましたが、記者もおそ松くんふりかけ・・・。

田口なら壮 さんのコメント...

ブログや掲示板を探してみると思った以上に同意見の方々がおられるので嬉しく思っています。
田口氏に変わってからアナウンスやコメント、雰囲気、見た目など言動に不安定感・不安感があり見れば見るほど不快感が募り見る事が少なくなりました。(ネタにするには面白いのでしょうけれど)
また夜11時台も藤井アナに変わってから彼女の機械的な声が耳障りになって見なくなりました。以前は気にならなかったのですが藤井アナは昔から機械的な声だったでしょうか?
残念ながらお二方とも神経を逆撫でされる感じがして食後や寝る前の時間帯にはそぐわないのです。
というわけで私もNHKのウェブから苦情を送った一人です。
以前、私はバイトの面接で緊張の余り「ね」を連発して使ってしまい自己嫌悪になった事があります。面接を受けている立場なのに偉そうな口調になっているようでまずいなと思いながらも緊張が強くて止められませんでした。それが原因か分かりませんが落ちました。軽々しく「ね」を使うのはいけません「ね」。

亭主 さんのコメント...

田口なら壮さま
コメントありがとうございました。NHKはどう感じているのでしょうか「ね」。(笑)。よくわかりませんねあの局。
田口さんの年齢はわかりませんが、たしかに若い人の間では「ね」を使う習慣の人も見受けます。たしかに「間」をとるために「ね」を遣ってしまうってことあるようですが。藤井アナって知りませんでした。こんど見てみます。

あのねのね さんのコメント...

あの「ね?」に腹立たしく、検索したら、ここにちゃんと指摘されていて、うれしくなりました。しかし、問題にならないまま放置されているということは、NHKや日本人の大勢は、あの「ね?」が気にならなくなっているということなのでしょうか「ね?」 笑

亭主 さんのコメント...

あのねのねサマ
投稿ありがとうございます。よくぞたどりついてくださりまして。
「同感」の意をしめしていただき嬉しいです。
とにかく今のテレビは「日本語」に関してあまりにも軽々しい。せめて天下のNHKが牙城を死守してくれないと・・・と思いきや。
度重なる指摘にもいっこうに改まる気配なく。番組改編期にぜひ彼の降板を願う次第。「ね」が気になってニュースの本質が見えなくなって・・・。今後ともこれをご縁に当店にお立ち寄りください「ね」。