2010年6月30日水曜日

ナショナリズムなのだ

サッカーW杯。パラグアイ戦。もちろん見ましたよ。自宅なんですが。無情なる幕切れ。悔しいとか残念とかいう気持ちよりも「淋しい」気分というのが正解か。もうあのメンバーの国際試合は見られないだろうから。岡田監督は引退とも言われるし、俊介ももどうなるか。中澤は、稲本は・・・。それぞれがそれぞれの所属チームで活躍はするのだろうけれど。


試合前の国歌。肩を組みながら選手の殆どが君が代を口ずさんでいた。これまでは歌っていなかった選手もいたのに。あの光景を見たとき、ボクは勝てると思ってしまった。もちろん相手チームは大声で歌っていたのですが。


あの光景みて浮かんだ言葉。「大声で歌え、君が代」(笑)。丸谷才一の名著「裏声で歌え君が代」をどう読むかは別にして。


国には国の旗が有り、国には国の歌がある。亭主は別に日の丸や君が代の礼賛者ではありません。いや、むしろ若い頃は、当時の若者にありがちだったように、常に君が代、日の丸に違和感を感じてきました。そこには多分、あの戦争の残滓を感じていたからかも。


サッカーだけではなく、オリンピックでも、フィギアスケートでも、スポーツの世界では国旗は付きものです。それは国威発揚という事だけではない。一つの旗の下に、共有の歌のもとに共にあるという事が士気を高め、自分のアイデンティティーを認識する・・・。


W杯。会場でも、日本国内のあらゆるところで、サポーターは日の丸を振り、ニッポンコールを繰り返していた。国と国との戦い。そこには自ずからナショナリズムが発生する。


ナショナリズム。いかにも右翼的な言葉ととられそうですが、さに非ず。民族主義とか国家主義とか、国民主義とか、国粋主義とかいろんな意味がありますが、ニュアンスは異なっていると思うのです。


サッカー選手もサポーターも、皆、一つになった。成れた。岡田ジャパン。チームの一体性を強調した。みんなでやるサッカーを目指した。そして、それに国民こぞって燃えた。「一つになった。一つになってやった。みんなでやった」。それに共感したから、PK戦で敗れて敗者となっても、誰も悪し様には言わない。感動をありがとうと健闘をたたえた。そして勇気と希望を貰ったと戦士達に感謝する。


そうなんです。今のこの国には国民が一つに成れる物が無い。グローバル社会だの個人個人の価値観だのと言って、日本人であることを認識していない人が多い時代になった。皆、一つに、一緒に、全員でという気持ちはどこかに持っているはずのに。


今の日本人がともすれば忘れてしまった、決して右翼的思想によるものではない、日本人たる意識。誰もが持っているであろうそれを南アフリカの地でサッカー選手が呼び覚まさせてくれた。


だから改めて思うのです。スポーツというものは凄いと。こころを一つにしてくれるものだと。駒野よ頭をたれるな。グッドルーザー。戦士達よ、君達は「わるびれない敗者」なのだ。


余談。話はさかのぼるようですが。デンマーク戦に勝ったあと渋谷のスクランブル交差点に集結し、歓喜の声を上げるサポーター。すぐさま警官隊がそれを制止し、検挙するとまでマイクで叫ぶ。いいじゃないでか。ナシナリズムの発揚なんです。普段は出来ない日本人としての喜びを味わっているのです。もし、その歓喜の輪の中に警備に当たる警官も交じってニッポンコールをしていたら・・・・。そんなおおらかな寛容な国であったら・・・。変な政治家が「愛国心」なんて言わない方が良い。皆、愛国心を持っている。あなたたち以上に。それをスポーツが証明してくれた。これって極論、狂論かな(笑)。



2 件のコメント:

popa31 さんのコメント...

 ちょっと遅くなりましたが大事だと思うのでこのトピックを掘り返させてください。自分の国を愛する気持ちは亭主殿の言われるとおり多くの人が自然に持っているものでしょう。それはオリンピックやワールドカップやWBCの熱狂を見ればわかります。しかも、他の国に於いても同様であるところを見るとヒトという生き物に共通の属性なのではないかとさえ思えます。
 ここで重要なのは愛国心の「国」は自分の故郷としての「国」(英語ではcountry)を愛することを意味していて、必ずしも国の統治機関を指す「国家」(英語ではstate)を愛することではないということです。ちなみに国の統治機関たる「国家」への愛国心が最もよく表わされているのは北朝鮮のマスゲームでしょう。あんな「愛国心」はご免こうむりたいと思いませんか。
 しかし、日本語では両方とも同じ「国」という語を使う場合が多いので、多くの日本人はこの区別にあまり注意しません。ぼくはそれが心配です。
 「国」と「国家」は同じようなものではないかと思う人のために日本の歴史で例をあげますと、幕末の国の統治機関は江戸幕府でした。愛国心が「国家」を指すなら「江戸幕府を」愛せよということを意味します。したがって、討幕を云う薩長などは「非国民」ということになります。が、薩長には愛国心はなかったのでしょうか。彼らは非国民だったのでしょうか。そうではなく、むしろ、日本という国を愛するが故の討幕だったのではないでしょうか。
 愛国心の「国」はわれわれの故郷としての「国」であり、決して国の統治機関に過ぎない「国家」ではないことを重ねて指摘しておきたいと思います。亭主殿が、変な政治家が「愛国心」なんて言わない方が良い、と指摘されているのも同じ思いからでしょう。国が愛国心を云う場合、多かれ少なかれ国家への愛国心にすりかえようという意図が隠されていることが多いからです。戦前の大政翼賛会時代の日本や現在の北朝鮮のような事態にならぬよう国民は十分注意している必要があるのではないでしょうか。
 また、自分の故郷を愛する愛国心はいわば当然のものです。でも、日本は素晴らしい国だというナショナリズムはいいけれど、他国もそれぞれ特別で尊敬するに値するというナショナリズムでないと、当然他国との摩擦が生じます。近隣や職場で自分だけは特別だと威張る人間は世間の鼻つまみ者でしょう。人は他人に敬意を表することによって自分も認められる存在ではないでしょうか。国も同じです。他国を認めることによって自国も認められるのだと思います。
 世界の深刻な紛争のすべては民族紛争か宗教紛争ではありませんか。最近ネットなどに多く見られる若者たちの他者への敬意を欠く狭隘なナショナリズムの広がりを心配しています。

亭主 さんのコメント...

popa31さま
お久し振りでした。コメントありがとうございます。亭主が言いたかったこと、書き足りなかったことを補強、補足していただいたような感がします。
貴文を読みながらふと思い出した小説のタイトル。「デラシネの旗のもとで」。五木寛之だったか。
「美しい国」とわめいた総理大臣がいましたが、その時も書きました。形の国としての美しさか「こころ」の美しさなのかと。
おそらく、少なくとも、スポーツ選手の中にある「愛国心」とは政権などとはほど遠く、日本人であるという自分たちの寄るべきところ、誇りの部分ではないのかと。
人は「旗」ももとに気持ちを整える。校旗であり、社旗であり。だからかつての時代の「日の丸」という国旗に少年時代は違和感を持ったのでしょうか。
またよろしく。