2009年2月3日火曜日

くどき上手

きょうはどうもいささか二日酔いの気配なのであります。というのも・・・。


とあることで昨夜友人等と酒を飲むことになり・・・。「酒は俺が持って行くから 」。酒にはうるさいこの御仁。持参されたのが山形の酒で「くどき上手」という酒。うまかったです。逸品でした。彼の冷蔵庫に寝かしておいたものらしい。酒通はいろんな酒を知っているものだと。


味もさることながらネーミングですでに酔ったのかも(笑)。「これは誰のことかい?」なんてわいわいがやがや。


参った。参った(笑)。 いまどき花魁とは。 花魁が口説いているのか、花魁を口説いているのか。この酒を飲むと「くどく」なるのか・・・(爆)。酒のネーミングで座が盛り上がったのも久しぶり。持参した友人からは口説かれませんでした。


こんなラベルでした。今夜も若い衆らで一献の予定。どんな酒に出会えるのか・・・。


その前に酒を抜いてこないと・・・(爆)。


 たわいないおはなしで。                    



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...