2009年2月13日金曜日

巨額脱税事件をめぐる経団連会長の"謎"

毎日、毎日、よくもまあ、「金」を巡るとんでもない事件が出てくるものと・・・。人間すべて"欲"で生きているわけですから、金とは切っても切れないし、その魔力には抗する術もないのは当然なんではありますが。


キャノンの大分工場建設をめぐる巨額の裏金、脱税事件。逮捕された大賀容疑者とキャノンの社長、会長を務め、経団連会長をやっている御手洗さんとは旧知の仲。だれが見たって聞いたって「うさんくさい」。


裏金を取ること自体が違法。そして脱税。その金でキャノンの株を買っている。こんな図式って普通の人からみれば「グル」っていうんですよ。


「私は関係ない。知らなかった。遺憾だ」。そう釈明する経団連会長。よしんば知らなかったとしても株主であったことまで知らないわけがない。知らなかったら経営者としてはその時点で失格。だって株主状況を把握してないなんてありえないこと。うそ、うそ、うそなんです。なんでそこをマスコミはもっと追及しないのか。長年の友人っていうのは安定株主の最たるものなんですが。


多分、新聞・テレビが及び腰なんで週刊誌が洗いに洗うとは思うんですが。指弾されてしかるべき。経団連会長は即刻辞任すべきと。


だいたい「裏金」が出来るってことはその取引に、キャノンと鹿島の取引にいかがわしいことがあるから。健全な商取引に「裏金」が存在するってことが可笑しい。コスト高の大元はウラガネって。長年の友人が多額の株を持っているってことは、その人のことを知悉していれば、その金の出所だって知ってるはず。


折から、キャノンの大量派遣切り。雇い止め。雇用調整。裏金を捻出させることが無ければ、巨額の資金がキャノンには残ったはず。10万、二十万で働いていた人の首は安易に切って、特定個人に億の単位の金がわたるってどういうこと。


地検特捜部さん。御手洗を洗ってくださいよ。検察の威光とその御手で。


こんな人が財界トップにいる限り、いくら政治をあしざまに言ったってこの不況からは、失業問題からは脱出出来ない。土光さんが懐かしい・・・。


鹿島にもメスを入れるべき。なんでいくら談合含め、不祥事を繰り返してきても大手ゼネコンって生き延びているんでしょうかね。政官財の癒着。もう聞き飽きた言葉ですが、諸悪の根源、癒着は、メビウスの輪の如く。解けることは有り得ないのかも。


亭主が愛用しているカメラ。悲しいかなキャノン製なのであります。レンズに曇りも見られないのですが。人の心を写すカメラを開発してみたら。御手洗さん。そして最初に自分を写してみたら(爆)。



0 件のコメント: