2009年11月25日水曜日

警察官はコスプレがお好き(笑)

ひったくり犯を捕まえようと愛知県警が考案したのがなんと女装警官。あまりにもバカバカしいような。最初はその記事、婦人警官が普通の女性の姿で・・・と思って読んでいたらどうも脈絡が、写真のキャプションとも合わず。で、よく読んだらキャシャな体型の男性警官を女装させて犯罪者に襲わせ逮捕ーーという仕掛けらしい。


おとり捜査ならぬコスプレ捜査。テレビドラマではあるまいに。なんでも手段選ばぬ悪党捜しと。


だいたい、このコスプレ、コスチュームプレイというのが大嫌いな亭主(笑)。これをサブカルチャーだと言ってはばからぬメディアや識者。亭主にいわせりゃ、こりゃ「変態」だと。


いわゆる「なりすまし」でしょ。野暮な会社の忘年会の余興ならいざしらず。


ああ、世も末だ(爆)。


女性になりきろうとしている男性警官の"訓練"ぶりを称賛する記事。


女装させて、仮装させて歩かせる暇があるなら、制服でパトロールさせときゃいいんじゃないの。衣裳は心も変えるっていうじゃない。仕事が発端で趣味になり、趣味が高じて、警察退職してゲイバーへ(爆)。


そんなお巡りさんに会いたくない(笑)。声まで女性に変えるのかな。キモイ、キモイ。嫌いな「現代語」まで使っちゃった(爆)。


毎年、年の瀬、変な話題が横行。


もっとも名古屋っていうところはコスプレのメッカだそうですな。「世界コスプレサミット」なるものも開催したこともあるところ。コイズミはアキバが好きだったようだけどユキオちゃん、名古屋にはいかないでね。いくら市長と仲良しだからって(爆)。


なんか警察のやること変。



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...