2010年1月1日金曜日

お年玉

皆さま、明けましておめでとうございます。ことしもご贔屓にあずかりますようよろしくお願いいたします。


さてさて、今朝起きてびっくり。あたり一面銀世界。昨夜は降る雪の中に満月が見え。幽玄の世界堪能。一夜あけると曇天。雪がひたすら降り積もり。掃いても掃いても積もる雪・・・。


「太郎を眠らせ太郎の上に雪降りつむ 次郎を眠らせ次郎の上に雪降り積む」。はい、まさに三好達治の世界でありまして。


雪を愛でながら正月の祝い。朝は酒は遠慮。雑煮といささかの料理。紅白のかまぼこつまんで。この紅白は美味いがきのうのNHK紅白は最低だった(爆)。何が歌の力だ。力なんて伝わってこない。力をもらえたのはアリスとこぶくろくらいか。司会もダメダメ。ジャニーズに占拠されたNHK。かつてのような演出力無し。なんて思いながらの今朝・・・。


制作会社専務から電話。「今年賀状見てたら、お前のが気になって。電話した」と。亭主、今年の年賀状には三木清の一文を引用。「俺が学生時代、恩師に呼ばれて、本は何を呼んでいるかって聞かれてな。マンガばかりと答えたら、これでも読めと言って渡されたのが三木清の本だったんだ。なんかの縁だ。映画かドラマの企画書書いてみろ」と。もう企画書書いたのは20年以上も前。無理、無理。「じゃよろしくな」。そんな言葉だけでもありがたかったのに。しばらくしてまた電話。今度は現役プロデューサから。「さっき専務から電話あってね。あいつは本気にしてにだろうが俺は本気だと言ってれって言われた」。あらら、やばい。「どうせ暇なんだろうからなんか書かいてみたら」とプロデューサー。「春までには形つけてね」と。そんなもん、もう書けないし、温めているテーマも無いし、頭は枯渇してるし。そんな至難の業の挑めるわけも無し。とはいうものの・・・・。一応は約束させられた感じ。どうすっぺ。


電話を切って考える。トライしてみるか。やることを与えてくれるなんて、それも新年早々。ありがたいお年玉かもしれないと。一年の計は元旦にありーーじゃないけど突然舞い込んだ一本の電話。自分の実力は本人が一番承知。出来っこないのを承知でなんか挑んでみるか。山っ気おこしてみる身の程知らずのバカ亭主。今夜の初夢になにかヒントが出てくれれば・・・などと神頼み(笑)。


事がどう運ぶかは全く予断出来ず。ただ、気にかけ声かけてくれた"友情"が余りにも嬉しすぎ。思わぬお年玉と言うほか無し。数か月、頭ひねてみっか(爆)。


予期せぬ出来事の新年幕開け。ああ、どうすっぺ。はい、多分、書けないと思います。お年玉だけ大事にいただいて・・・・。お気持ちだけは石に刻んでおきますが。


からから亭だけは精いっぱい踏ん張ります。ということで今年もよろしくお願いします。



6 件のコメント:

アリプロ さんのコメント...

 明けまして、おめでとうございます。
今年も「辛口の千夜一夜物語」楽しみに
しています。
こちら神奈川地方は、風がやや強く快晴の
一日でした。そちらの雪のお正月もいいですね。
��小雪程度ですが)
紅白は、まったく面白くなく、毎年若者向けに
したつもりが企画力がないのか、つまらんの
一言で当方相手にせず。
日乗様のキャリヤはわかりませんが、是非
映画の企画を立ててください。
    それではまた。失礼します。

亭主 さんのコメント...

アリプロさま年明け早々の買きこみありがとうございます。
命によりシェヘラザードになったつもりで(笑)、「物語」していこうかと。神奈川の方でしたか。
良い気候でしょうね。
今年もよろしくお願いします。

キャプテン イチロー さんのコメント...

ご亭主 さま
正月のお年玉高価なもの頂きましたね,オレも欲しい。決意表明?もしてるし、やるっきゃないんじゃないの、そうすりゃお年玉のお返しはなし。

亭主 さんのコメント...

キャプテンイチローさま
初のご来店。それが何よりのお年玉かと。
時々お出かけ下さい。足を運んでください。
この日貰った、この記事のお年玉とは「友情」って二文字です。

キャプテン・イチロー さんのコメント...

ご亭主 さま
遅ればせながらお風邪のお見舞い申し上げます。
ワクチンいくら打つてもダメですよ、消毒?が足らなかったんじゃないの。
早く治したかったら、ババ抜きと一緒で、急いで誰かにトランスファーしちゃうこと。ただし当たり障りのない男のやつにしてね。
そのうち消毒会など如何。

亭主 さんのコメント...

キャプテンイチローさま
(^.^)/ドモドモ。
消毒ですかね。やはり。なにせ世間の風に弱いもんで。
風あたりが強いとつい・・・・。
お手柔らかに(笑)。

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...