2010年1月14日木曜日

小沢一郎と元秘書と

東京地検特捜部がついに腹に据えかね小沢一郎に「真っ向勝負」を挑んだ。もう引くに引けない。お互い。事の真偽、善悪はともかく、何やら時代はそれこそ「逆走」。政権交代にいくばくかの期待を示した人達もうんざり。政治不信というよりも悲しさだけが先に立つ・・・。


それにしても思うのは小沢の人徳の無さかと。鹿島、水沢の「献金」。元秘書の高橋嘉信が検察に全部喋っている。自民党から鞍替え出馬。大久保の公判廷にも顔を出し事態の推移に目を凝らし。要は秘書に裏切られた小沢と。


事情聴取を受けた石川知裕くんもなんだか地検にいろいろ喋っている。もちろん口裏合わせてではあるが。ボロ出して居るみたいだし。そこへ今度は石川くんの元秘書なるものが登場。証拠を隠したとベラベラ。自民党に検察に。それだけ傍証あれば特捜だって動かざるを得ないでしょ。この元秘書君も選挙の公認貰えなかったというのが寝返りの動機とか。小沢組、配下への威信届かずの態。まさに不徳の致すところ。親爺への忠誠心余りにも薄い小沢組なり。


田中角栄と小沢一郎をその政治手法含めて比べてみて「そっくり」と、したり顔に言う人多し。違う違う。少なくとも秘書の忠誠心は雲泥の差だったし。"薫陶"受けた竹下登の秘書青木伊平さんは自ら口を封じたし。片や新潟の貧しい家の出。自分でカネを作っていった。片や佐重喜さんの息子。建設大臣もやった大物の息子。遺産相続で金はあったし。いわゆる二世。出自が違う。金と数の力という視点で同じと決めつけるのは大きな間違い。田中は議員立法推進論者。議員立法が国会議員のつとめと力説していた。それを小沢は守っていない。ロッキード事件の公判には毎回通い、裁判の何たるか、検察の何たるかは学んだが。議員立法禁止だなんて言っているし。


だから敢えて言う。田中角栄と小沢一郎は違うと。親爺の為なら死んでもいいーーそういう秘書が小沢のところにいるのかどうか。寡聞にして知らないし。議員にさせてくれるからと言って門をくぐった若者も多いのではと。顔つきと傲慢ぶりを見ているとかえって可哀相な人にさえ思えてくる・・・・。自己愛が強く、小心者にさえ思えてくる。



0 件のコメント:

「ブラックアウト」で思う事

きょうは真珠湾奇襲、日米開戦の日だ。そんな日であることを承知の上で。 「ソフトバンク」が通信障害を起こした。4時間余りか。携帯は不通になった。 4時間、社会生活は混乱に陥った。 冗談で言うなら、白戸家のお父さん犬を唐草模様の風呂敷に包んで“幽閉した”かだとも言いたくなる...