2010年1月15日金曜日

鳩山首相の「見識」

小沢一郎の政治資金疑惑で地検が強制捜査。それを受けて鳩山くん曰く。「幹事長を替えるなんて考えていない。小沢幹事長のもとでここまでやって来た。選挙も厳しい中を乗り越えて来た」と。きのうの発言。さらに今朝。「国民のみなさんはまたかという思いだろうが、私の問題も含め、総選挙の前から出ていた話であり、そういうこともふまえて国民の多くは民主党を選んだ」と。


要するに、選挙で勝った立役者だからいくら疑惑が出てきてもその責は問わない。これからも参院選を小沢幹事長で戦っていくと。民主党の代表としての発言ならいざしらず一国の宰相の発言としてはいただけない。宰相はいろいろな意味でその国の命運を担っている。党勢拡充の功はそれはそれ。地検の捜査の善し悪しは別にして、法治国家で少なくとも検察の強制捜査を受けたということは重大事。選挙の功だけで小沢の全てを良しとすることは鳩山くん自身の政治家としての資質を問われること。「選挙に勝って私は総理大臣にさせて貰ったのだから、ゆめゆめその人の非をあげつらうことは出来ない」とその真意を読み解く。あの鳩の目は国民感情よりも小沢に向いているとしか思えず。


小沢VS検察。その熾烈な争いは国会開会と時効という時間的制約の中で土壇場の攻防と。逃げているようにしか思えない小沢。事情聴取を怖がっているとしか思えず。検事の怖さは知っている。やられたら喋ってしまう自分がいるとでも自覚しているのか。逃げ通せる算段ありと踏んだのでは。


鬼の首とったように満面の笑みの自民党。国会で徹底追求とか。国会混乱するでしょうね。審議ストップ。小沢健在ならば号令一下「強行採決」。参院選がどうなるかはあとは野となれ山となれってとこか。


気になる小沢資金の出。呵々大笑の自民党だがまさか小沢から援助された人いないでしょうね。自民政権の時は国体費や官房機密費がずいぶん野党にわたっていた。田中角栄はずいぶんやった。その周囲の人達もやった。そのことを彼らは罪に問われながらも喋らなかった。「出」を追求するとやぶ蛇なんてこと無いように祈ります。


で、鳩山くん。いわゆるぶら下がりでの発言慎重になった様だし、時間も短くしているようだけど余りにも語彙が少なすぎる。視点がぼけている。「宰相学」を教える人いないのか。学ぼうとしないのか。宰相の言には倫理観と哲学が伴わないと人心は倦む・・・。



0 件のコメント:

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...