2010年1月18日月曜日

季節はずれのホトトギス

小沢一郎政治資金疑惑。逮捕者出るに及んでマスコミ報道加熱。百家争鳴。付和雷同。ひどかった昨夜のフジテレビ。なんとかジャーナル。


お笑いタレントみたいなディレクターが登場。小沢の追いかけっこレポート。まるで狂気の沙汰。いったい何になるのかこの報道。犯罪人を追いかける岡っ引きのつもりかい。マスコミのこのていたらく。それはともかく・・・。


ふと口に浮かんだホトトギスの句。


泣かぬなら殺してしまえホトトギス。織田信長を例えた句。事情聴取に応じないならみんな逮捕と権力誇示する検察の例えに思え。


泣かぬなら泣かしてしまえホトトギス。豊臣秀吉の例え。検察との全面対決を宣言した小沢一郎のようにも思え。


泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス。徳川家康の例え。鳩山由起夫かと。自分からはどうにも出来ないひ弱な総理大臣。代表。小沢が進んで話す、泣くのをじっと待つ。それでも私はじっと待つ。夜な夜な公邸で相田みつおでも読んでるのかって(笑)。


でもね、ホトトギスは春までは泣きません。季節はずれのホトトギス合戦。栄枯盛衰会者定離。小沢くん、平家物語をどうぞ。鳩山くん、徒然草でもいかが。あやしゅうほどものぐるおしけれ。



2 件のコメント:

K.Y さんのコメント...

本当にJALと政治資金疑惑のニュースばかりですね。それとたまに地方の事故。。。そういえば…以前亭主様のご自宅で鴬を発見した事あります。ホトトギスはどうでしょうか。来るまで待ってみようかホトトギス(笑)

亭主 さんのコメント...

k.yさま
的外れのお答ですが・・・・
ホトトギスにはいろんな漢字があてはめられています。時鳥だったり杜鵑だったり不如帰だったり。
不如帰は徳富蘆花という昔の作家の小説のタイトル。恋愛、悲恋物語。浅川マキとはちと違うけど。美人薄命なのかな。不如帰ーー字に味わいがありますよね^^

“暴力的“な社会、あるいは世間

しばらく入院していました。脳梗塞のリハビリ、あらゆる検査。 白い天井を見上げながらいろんなことを考えていました。 忍び寄ってくる老い。その身が何をどう考えて生きていくのか。 つまり老後をどうやって生きていくのかということかも。 病院で登戸の“通り魔事件”を知り、農水省事...