2010年2月3日水曜日

いい加減にしてよ「常套句」

例えば火事。「警察と消防で出火原因を詳しく調べています」。当たり前でしょ。調べるのは。テレビのニュース。火事の時には必ずつく最後のアナウンサーの言葉。常套句。新聞ならば「原因を捜査中」と。


火事があったら原因を調べるのは当たり前のこと。それも詳しく調べるのは当然。それがお仕事。それがニュースとして伝えられるなんて。変わらぬ安易な報道姿勢。調べるってのはニュースでも何でも無い。調べなかったらニュースになる。


犬が人を噛んでもニュースではないが人が犬を噛んだらニュース。そんな"名言"あり。


百歩ゆずって原因を調べていますって一回報道したら、後日判明したときそれを扱かったことあるんでしょうか。大事件や放火でないかぎりニュースにはならない。というか、放送した途端にその火事は忘れられている・・・・。


きょうも火事のニュースあり。はい、予期に違わず常套句で締めくくられていました。記者もデスクもアナウンサーもこれでよしと思っている。テレビ報道の貧困さ。


常套句をもう一つ。「成り行きが注目されます」。NHKでよくあるんです。特にニュース9のあの田口さん。注目されるなら後追いしろよ。略して「なりちゅう」。一応ご法度の常套句とされているんですが。


雪や風。天気予報。「今後の気象情報にご注意下さい」。誰だって気にしているよ。


どいつもこいつも、もう少しまともなこと言えないのかって(爆)。



2 件のコメント:

ふゆお さんのコメント...

こんばんは1時半のニュースです。
今日は節分ですが、”恵方巻”って最近ですよね?これも2月3日限定の常套句なんでしょうか?
関西出身の私でも子供の頃”恵方巻”なんてあったっけ?と思う次第です。
ところで、ファミレスで昔だいりゅうこうした「ご注文はこれでよろしかったでしょうか?」という過去完了形はまだ存在しているのでしょうか?
”今後の成り行きを見守りたいと思います。それではまた!”

亭主 さんのコメント...

ふゆおサマ
もう貴兄の季節、冬には飽きました(笑)。夏とはいわず春が欲しい。
恵方巻、去年の2月の記事を見てください。復元させたばかり。
「よろしかったですか」。マニュアル敬語といいます。未だ生きていますよ。見守らないで注意してやってくださいな(爆)。

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...