2010年2月5日金曜日

「灰色高官」

小沢一郎、政治資金規正法違反は嫌疑不十分。よって不起訴。メディアも永田町も市井も侃々諤々。ああでもないこうでもないと。小沢の今後は全て世論だと。世論はマスコミが作る。こぞって限りなく灰色。グレーと書かれ、報道され。


かつてこの国を騒がしたロッキード事件。「灰色高官」という言葉が飛び交い。その筆頭は田中内閣の官房長官をつとめた二階堂進氏。いつも怒りをこめてぼやき、つぶやいていました。「灰色ってのはいつまでたってもいつになっても灰色だ。起訴されて裁判にならないかぎり黒白つかない。どっちでもいいからハッキリさせて欲しいよ。死ぬまで一生灰色っていわれるのはたまらん」と。二階堂さんのこのぼやき、小沢一郎だって聞いたことあるはず、知っているはず。グレーの背広を好んで着ていた二階堂さん。ぼやきついでに「オレは灰色だからグレーを着るんだ」と。


小沢vs検察という構図の中で、検察が負けたとかなんとか。見方様々。


灰色高官ついでに思い出す金丸信の佐川急便事件。検察と金丸側との闇取引。罰金20万円の代わりに役職退くという。いったん成立したこの闇取引も憤懣やるかたない特捜現場が探し出した"金塊"問題。


小沢不起訴でもどこかに"取引"あったはず。役職を辞める気配はないけれど。どことなく似ているような感じあり。何かがあるはずだけどメディアは探れない。


死んでも口をわらない。墓場まで持っていく。そんなことがよく言われた時代。政治家も秘書も。灰色と言われながらも口をわらなかった事実ありやなしや。リークしたくても出来ない"事実"を検察は知っているはず。


叩けば埃の出るからだ。うん、うん、あらためて名言かと(笑)。いや、迷言かも(笑)。



0 件のコメント:

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...