2010年2月15日月曜日

涙、いろいろ

バンクーバー冬期オリンピック。楽しんでいます。


上村愛子。良い涙を見せてくれました。悔し涙でもない、うれし涙でもない。結果はともかく、あの涙には人をうつものがあったと。彼女の涙からいろいろ教えられ。モーグルって競技にそれほど興味があったわけではなかったんですが。


スポーツは人間を作る。学ぶこと多しと。


ある集まりの後、中学生の男の子を持つお父さんから泣かれました。話をしていて急に涙一杯になり。大男が泣いている。あることで彼は嬉し涙を流した。そう、仲間に出会えたような感動の覚えたという涙を。泣かれた亭主は困ってしまったけど泣いてくれて嬉しかった。


また一つ良い出逢いがあった。


このところ「講演」がそこそこあり。草稿練り、レジメ書いて。プリントアウトしようとしたらプリンターが「故障」。紙詰まりなんだけど亭主は手詰まり。作業が次に進まない。涙目ですよ。


SOS!Tくんが翌日、つまり昨日到着。上手く処理してくれました。「機械」に弱いってことは時々悲しくなり涙でるくらい辛い時が。いまさらどうしようもないけれど。


昨夜のサッカー。日韓戦。なんたる不様な負け方。選手に涙無し。涙することも忘れているような。


一つの「講演」は明日。涙目になって準備しないと(笑)。



0 件のコメント:

ワクチン狂騒曲・協奏曲・競争曲。

  このところ人に会うとあいさつ代わりの言葉が「ワクチンもう打った?」。 周りに接種場所を探して苦心しているようだ。 飛び込みで打ってくれる医者もいれば予約に苦労している人もいる。   テレビでは連日「ワクチン接種」の話題がしきり。 東京や大阪の大規模接種会場...