2010年2月25日木曜日

深い霧

今朝の霧は予想外。凄かった。山の中じゃないのに。平野なのに。羽田も凄かったとか。3万人に影響でたとか。霧の中をライトをつけて走っていると、迷いそうになる。そう、今の日本と同じ。


日本人は坂の上の雲を目指して登ってきた。山のまで来て雲の中に入って迷った。山の上で迷って右往左往ってのが今のこの国ってとこか。


トヨタの問題も霧の中に入ったよう。成長のスピードに人間がついて行けなかった。豊田社長の反省の弁。トヨタだけじゃありませんよ。技術革新の進歩に人間はもうついていけなくなっている。五里霧中の世界にいる。


トヨタ問題。アメリカの脅しか。貿易摩擦とは言わないけど政治的思惑ちらつく。アメリカは議会や政府が前面に。なぜか日本政府の声が聞こえない。社員の前で泣く社長。おそるべし、同族意識。


なにかとおかしな検察。厚労省村木局長"事件"。証言がことごとく検察の「でっちあげ」を暴く。検察にも霧が・・・。亭主が記憶している中の汚職事件。黒い霧事件。吹原産業と黒金泰美。その残滓が・・・・て話もなぜか聞こえてくる。誰の話って。言えませんが。


審議拒否やめちゃった自民党。なんともだらしない。拳ふりあげてこれじゃ完敗。国会をつつむ霧。♪霧にむせぶ夜♪は良い歌だったけど。



0 件のコメント:

欲望の五輪、社会正義に反した五輪

  去年、首相だった安倍は言った。 「完全な形の五輪にする」と。   菅は言った。「コロナに人類が勝利した証としての五輪開催」と。   どちらも“実現”していない。   コロナ以前の五輪は「復興五輪」と位置付けられていた。聖火リレーなるものを出発地を福...