2010年4月6日火曜日

失望という名の電車

昔あった映画。欲望という名の電車。それをちと拝借して「失望という名の電車」。そう、今の日本人はそんな電車に乗り合わせているのかも。


政権を獲りたい。そんな欲望に満ちた人が束の間欲望を満たし。それに希望を託した人達はことごとく裏切られ失望に変わり。電車は鈍行、運転手も車掌も期待はずれ。手腕こころもとなく。行き先も表示されてない電車。もしかしたら「破綻駅」行きか(爆)。


旧政権にも失望が渦巻き。かつての政権党のイメージはどこにも無く。第三極という、たしかにあり得べき線路を求めて新党、新路線をと連結器を離して違うレールを走ろうとする電車まで現れ。


転轍機をはずして、路線を変えようとしてみたものの。お客は誰もいない。こんなはずじゃなかったのに。おれが手を挙げれば、行動すればもっとついてくる奴はいると思っていたのに。そうなんですよ。同情したり、不満はあっても寄らば大樹の陰って思想はなかなかぬぐい難し。振り返れば誰もいない・・・。


「老人党」とまで揶揄される始末。老人よ誇りを持て(笑)。4人に一人が高齢者という電車の乗客。若けりゃいいってもんじゃ無いって。とはいうものの。行き先ははっきりしないこの「老人列車」。所詮は参院選までの徒花(あだばな)、廃線の憂き目濃厚かとも。


失望という名の電車。ダイヤ含め大幅な再編があるのならいざ知らず。小党乱立。合従連衡。途中下車の人も出るかも。


「平沼新党」騒ぎに乗せられているメディア。刻一刻とその動きを伝えることに腐心。所詮「たった一人の反乱」でしょ(笑)。もっと伝える事あるはずと。とにかくこの新党、民主憎けりゃ古巣まで憎いってことか。


なんだかんだと申し上げても。今日もその電車は走り続けているようです。自動制御装置はずれたかのように。



2 件のコメント:

aripro さんのコメント...

ご亭主さま
毎度読ませて頂いているのですが、最近は
ちょっとあきれているんです。
与謝野さん、平沼さん大丈夫かしらと思ったり。
今、わからないのです。
 A 政策が「1 ある・2 ない」
 B 行動を「3 しない・4 できない」
少なくとも、2と4 でないことをを願ってい
ます。
政治家については言えば、人気先行は当方は
へそ曲がりなもので嫌いなのです。 
小沢さん、あった事ないのでわかりません。
人気なしですが、船の舵取りは結構あるよう
に思うのですが。
ところできれいな政治家っているのですかね。
長崎の新人女性議員も潰されなければ良いの
ですが。
ハンナ(Hannh)はディズニー映画のアイドルみた
いにかわいい子にのようです。
女房がつけたのですが、これも私にはわかり
ません。(日本名でいいのに)
            では失礼します。

亭主 さんのコメント...

ariproさま
結論からいうとどうもあの人達は「政治音痴」と思えるのですが。
人気先行政治が、それを国民が選んだわけですが、コイズミや麻生を産んだと。
小沢は、それなりに「業界」では人気があるようです。国民的人気は急降下しましたが。今や人気NO1は舛添。けっこう笑えます。
今や政治家もスポーツ界もキレイな女性増えました。どうも綺麗な人はみんないい人に思えてるオバカな亭主。
「ハンナ」。音(おん)が可愛くていいじゃにですか。奥様に似るといいですね(笑)。

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...