2010年4月7日水曜日

しんとうめっきゃく

余り話題にしたくもないのですが。馬鹿馬鹿しいつでに今日も。平沼新党なるもの。メディアはよほどお暇なのか、何があるのかわかりませんが、続報、続報。新聞もテレビも経営難。この話題にあれだけ人を割けるなんてびっくり。まだ記者、カメラマンは余っている(爆)。どうもわからないニュース価値。怒り心頭に発するとまではいいませんが。


怒り心頭と言えば。しんとう。心頭滅却という言葉あり。心頭とはこころの働き。心頭滅却すれば火も亦涼し。いかなる苦痛、困難も気持ちの持ちようで超越出来るとかの意。


鳩山邦夫も引けた。中山恭子も逃げた。鴻池も。まさに多難でございますな。見通しが甘すぎた。自民党の不満分子もついていけない。


心頭を違う字に変換(笑)。新党滅却。滅却とは文字通り消え滅びること。この国のことを真剣に考え、小異ならぬ大異を捨てて小同につくっていう感じのまさに政治生命をかけての憂国の政治家達なんでしょうが。どうも"野合"のような。つい、漢字をつかって親爺ギャグ、駄洒落を言いたくなって。


彼らの行動はまさに怒り心頭に発した故なんでしょうが。


今日は亭主が主宰する「塾」の初会合。こんな話も冗談交じりで話してこようかな(爆)。



0 件のコメント:

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...