2010年4月12日月曜日

狂犬病

我が家の澪さま、相変わらずの「通院」。夜は病院、昼間は家という日々。夜のショートステイ。生活のリズムを通常に戻すべく。夜中は以前よりも寝るようになったとか。家ではやはり甘えが出ているのか。朝晩の「送迎」も一苦労。自力では食事出来ないため食事も大変。そんな現状。


そんな中。保健所から葉書が。狂犬病の注射と登録の案内。住民票の更新かと(笑)。ゲンキには動物病院からフィラリア予防接種の案内が。さすがに澪宛には来てない。狂犬病の注射を澪にもする必要があるのかどうか。いつも聞くのを忘れるオバカな飼い主。オバカついでに思い出したオバカな話。


ある人が近所の犬に噛まれた。頭を狂犬病がよぎる。かつては結構あったとか。人間への感染。あわてて動物病院へ。「犬に噛まれました。狂犬病の注射してください」。獣医、悠然として答える。「当院は人間の診察、治療していません」。


オバカついでに犬とは関係ない話。亭主が通っているスポーツジム。ランニングマシンで汗流すおじさん。まさに犬に例えればドーベルマンのような人相と体型。汗に濡れた赤いTシャツ。背中に字が書いてある。「健康のためなら死んでもいい!!」って。わかるようでわからない言葉(笑)。Tシャツを作る方も作る方。着る方も来る方。その背中に小声でつぶやく。「だったら死ねば」って。


「民主党政権を倒すために死んでもいい」。そう叫んでいる数人の老人方。どうみても死にそうもない。お元気、お元気と。


命をかけて咲く桜。未だ当地には至らず。毛布にくるんだ老犬抱いてきょうも病院へ



0 件のコメント:

欲望の五輪、社会正義に反した五輪

  去年、首相だった安倍は言った。 「完全な形の五輪にする」と。   菅は言った。「コロナに人類が勝利した証としての五輪開催」と。   どちらも“実現”していない。   コロナ以前の五輪は「復興五輪」と位置付けられていた。聖火リレーなるものを出発地を福...