2010年4月23日金曜日

3D・・・

今日から変なテレビが発売。3Dテレビ。3Dとはthree dimensionsの略。三次元ということなのでしょうが。要は飛び出す画面。どうもよくわからん。一次元テレビとは何で二次元テレビとは何だったのか。


亭主に言わせりゃ「異次元だ」って(笑)。


サングラスの化け物みたいな大きな眼鏡かけて、大型テレビの前に座って飛び出す画像を楽しむ。なんと平和で豊かな国でありますな。テレビのソフト、コンテンツの善し悪しでなく、ただ飛び出せば良いのかって。もっとも今はまだDVDとかゲームソフト用なんでしょうが。


技術者の、研究者の独りよがりみたいな。新しい物にすぐ乗せられる人がいて。


子供の頃に立体映画っていうのがありましたよ。父親に連れられて見に行き。200円くらいの「保証金」払って眼鏡を借りて。たしかに映像が飛び出して来たし迫力はあったし、弾丸が自分のほうに飛んできて「ワー」って叫んだ記憶が。でもなんという映画だったのか、内容は何だのか覚えていない(爆)。映画館は大混雑。映画終わって出るときに人混みに押されて眼鏡落としてしまい、踏まれて壊れた。保証金返還されず。父親と映画館の人とが言い争っていたのだけは記憶あり(笑)。


地デジ、地デジで業界、関係者は大合唱。来年7月、運命の時(笑)。今年の7月には夕方、テレビをいったん"停め"てアナログ警告、地デジ移行告知を1分間流すとか。されど、されど地デジ化一向に進まず。笛吹けど踊らずの態。


地デジテレビ買う余裕無い。アンテナ問題が・・・。難民いまだ多数なりと。


テレビは見ない。自己の信条でそうしている人は別にして、テレビは誰でも見られたもの。見られなくなるかもわからない人達がいるというのに「商戦」は最早次の次元へ。更なる高みを求める。違和感大。科学技術の進歩ってそんなにいいことなのか、ハッピーなのか。


家族4人。皆黒い大きな眼鏡かけてテレビ鑑賞。入ってきた泥棒だってその形相みたらびっくりして逃げ出すぜ(爆)。


事務所のアナログテレビ、アンテナの故障、不具合なのかどうか。映像乱れ何が映っているのかわかりません(笑)。ま、いいか・・・。


 


 



6 件のコメント:

aripro さんのコメント...

ご亭主様
こんばんわ。
私が初めてテレビを観たのは
小学校3年生のとき。
相撲中継だったと記憶しています。
近状の電気屋さんんでした。
感激しました。
それから何十年。
��Dテレビの購入予定はありません。
話は貧乏くさくなりますが、今の日本は
生活レベルを当時までとは言いませんが
落とすことできるのでしょうかね。
��私を含めてですが)
          では。

あさきゆめみし さんのコメント...

おはようございます。きょうは久々ののんびり日です。
我が家はちょうど薄型TVが出始めの頃に、前のアナログTVが故障したので仕方なく買いました、37型を。高かったです(笑)
ワタシはTVっ子ですからテレビなしでは暮らせません(笑)
今はWowowでもっぱら海外ドラマを録画してみてます。
多分、死ぬまでにはもう一台くらい買うでしょうけど、さて、その頃にはどんなTVが出ているでしょうか?
ボケずに元気でだんなさんとチャンネル争いできるといいけど(笑)

亭主 さんのコメント...

ariproさま
生まれながらにしてテレビがあった人と物ごころついてからテレビを見た人とでは“違い”は大きいです。
亭主は何を隠そう。力道山の街頭テレビでした(笑)。
一度上げてしまった生活レベルを下げるのは難しいでしょうね。「貧困」といわれる今。それが普通だと思わないと。実は日本はいまが普通の国なんです。
しかし・・・老後になって生活レベル下げるのは辛いですよ(爆)。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
そうですか。当時は、と言っても数年前でしょうが高かったでしょうね。インチ一万円だったから。いや、それ以上か。
あなたが死ぬ前。そうでうね。テレビは無くなっているかも。
残っているのはニコニコ動画だけ(爆)。チャンエルじゃなくパソコンの奪い合いかも(笑)。

cherry さんのコメント...

また、来てみました(*^_^*)
文豪ドストエフスキーは言う
「人間はいかなるものにも慣れる動物だ」と…(ふぅ~)

亭主 さんのコメント...

cherryさま
ご来店(笑)深謝。ありがとうございます。
なるほど。文豪はそう言ってますか。
慣れるのか、はたまた、慣れさせられるのか。
慣れたくないものもありますよね。たとえば「慣れ合い」なんとかww。

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...