2010年10月6日水曜日

すべてが「しらじらしい」のであり

大阪地検特捜部のFD改竄事件。日が経つと共になぜか白々しさだけが。


逮捕された副部長の佐賀某。接見禁止措置もとられず。弁護士に言ったという。高検による取り調べを可視化してほしいと。聞く耳疑った。開いた口がさらに大きくなった(笑)。


あれだけ可視化に反対してた地検特捜部の方々が。被疑者になると一転。自己保身に汲々としかうつらない。さんざん人をお白州に引っ張り出しておいて、自分がお白州に引っ張りだされようとすると言い分変える。思想信条やいかにあり。


菅・温会談。たまたま偶然にやあやあやあという感じで。たまたま廊下に椅子が置いてあったのかい。そりゃたしかに王宮の廊下は広いだろうけど。しらじらしい。


小沢一郎強制起訴。与野党ともに建前ばかり。しらじらしい限り。赤じゅうたんの上でのお白州ごっこかい。


しらじらしいこと、その他数えればキリが無し。


しらじらしいのは秋の夜明けの風情だけで結構なり。



0 件のコメント:

憂しき世の憂しき事ども

日本は少しずつ衰退していっている感がある。 その一つは、あってはならない“虚偽”にこの国の姿が反映されているという事である。 「毎月勤労統計」の不正調査問題。あまりにもおぞましい。 勤労統計は国の基幹統計とされている。賃金などを毎月調べ、その統計数字が例えば雇用保険の金額...