2010年10月8日金曜日

「舘ひろし」効果

値上げに伴い禁煙を模索中の亭主。はい、まだ「在庫あり」なんで通常なんですが。


禁煙外来も担当している"主治医"とお話。「在庫切れたらやってみようかな」。「そうですね、どんなもんかいっぺん試してみてはいかがです7か」と先生。そして曰く「舘ひろしの禁煙CMを見てやめようとする人多いですよ。患者さんの大半があのCM見て決心したと言ってます」。


驚いたね。凄いですね。芸能人、俳優の訴求力。彼のワイルド風なキャラが余計訴求力を高めるのか。いかにもヘビースモーカーのような風体が。


「ほんとに止めたのかどうかわからないけど・・・」。未練たらしい亭主(笑)。今も左手にはタバコ。(爆)。


コンビニには以前と変わらずにタバコが置いてあります。「煙草買うお客減ったかい?」って聞くと「変わりないですよ。買う人は買って行かれます。売上ダウンってことないみたいです」との店員さんの返事。


テレビでは煙草売上減の話題しきり。ついで買いで飲み物買っていた人も来なくなったと。コンビニ業界は「冬」かって。地域差あるのか。テレビが伝える実態と肌身で知った実情との差。


いずれにしても・・・。CM含めてテレビの"効果"は依然大なりと。病院の先生はCM大歓迎のご様子。


決断すべきか、せざるべきか。悩める秋進行中。秋空見上げての一服はうまい。至福なんですが。


「煙草銭」。ちょっとした手間賃。こんな言葉もやがて死語となるのやら。「ここらで一服」。職人さんの休憩の合図はどうなるのか(笑)。昔はたばこ差出し。今は缶コーヒーか。このCMも舘ひろしがやっていたような。



2 件のコメント:

あさきゆめみし さんのコメント...

お久し振りです。暫くお邪魔できなかったのですが、その間に弟様の手術などあったそうで、、健診は大事ですね。会社の簡単な健診しか受けたことのないワタシも一度は人間ドックに行った方がいいかしらね。
私のほうは、先月母が急死しまして、今やっと落ち着いたところです。急死と言っても歳が歳ですから仕方ないのですが 「あっけなく」というのでしょうか家族誰も臨終に会えなかったのです。5月から老健にお世話になっていて、車椅子で自分で移動できるようにまでなっていたのですが、その日の朝、トイレにつれて行ってもらい 用を済ませベッドに戻ったところで急に意識不明になり、そのまま…
思えば、白内障の手術、ペースメーカーの埋め込み、原因不明の高熱で入院などずっと忙しかった母が、やっと安らかに眠れたということなのかもしれません。いい歳をした弟が葬儀の時に大泣きしていましたが、まだ老齢の父が一人で暮らしていますので、私としては泣いてばかりいられないのが実感です。
父はだいぶボケというかひどい物忘れが入ってきましたが、まだ何とか自分のことはできるので、様子を見ているところです。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
ほんとおほさしゅうございました。
いろいろ大変でしたね。身近な人の死。おりいろ考えさせられますね。
「死なれて」「死なせて。死は必定のものなれど生者はどう受け止めればいいのか。受け入れるのか。
後からやってくる悲しみもあり。
悼むとは忘れないこと。
老犬介護の身、介護のしんどさ痛感しています。施設にいれるわけにもいかず。老々介護の日々。生きようと不自由なからだで努力しているやに見える犬を見て「考え」てしまうこと多々です。やるっきゃない。そうです。自分を励まして。

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...