2010年9月3日金曜日

小沢にすり寄るメディア

非常に無口な男がいました。いつもほとんど喋らない。しゃべっても一言二言。いつも仏頂面している。


その人がある日かなりしゃべりました。しかも笑顔を見せて冗談も。周りは大騒ぎ。「しゃべった、笑った」。とたんに人気者に。


いつも喋りまくっている人がいました。ある時その人が無口になった。「どこか体の具合でも悪いんじゃないの」。避けるようになる。


こんな光景、皆様の身の回りにもありませんか。身に覚えはありませんか。


代表選に立候補してからの小沢くん、よく喋ります。色をなすこともあるけど、きわめて饒舌。笑顔さえみせる。


今朝のスーパーモーニングに出演した小沢くんはまさのその極致。しゃべり、笑い。民主党の議員さんもびっくり。「あの小沢さんがあんなに熱く政策を語るなんて」。


「すべてを変えるためには自分が変わらなくてはならない」。数年前小沢君が吐いた名文句。他人の受け売りですが。またぞろ、今度も変わろうと努力しているのか。少なくとも表面的には。


政治家ってカメレオンかい。


小沢節を拝聴していたテレビのレギュラー出演者。「あんな小沢さんの生の声を聞かれる場にいてよかった」だと。ばかばかしいにもほどがあるって。


小沢のご機嫌伺い、すり寄り。なんか"教祖さま"扱いのよう。"神話"をくつがえし、あらたな"神話"をつくろうってか。小沢戦略。なかなかの演技者だなって。



2 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

ほんと、くだらないですね。
どんなに熱弁を振るおうとも
自分を変えよう振舞っても
結局は変えることができない
ココまで人格形成された人が
どこまで変われるのか疑問
また土壇場で得意の「逃げ」に
走るのではないでしょうかね
それにしても、メディアもなぜにご機嫌伺いする必要があるのでしょうか?メディアに流される国民の責任もあるんでしょうが、そろそろ本質を見極めましょうってね
最近のテレビ番組、まぁ最近ではテレビを見る事自体少ないのですが。素朴な疑問:なぜ芸人やタレントが朝のニュースやワイドショー関連の司会やコメンテーター的役割を演じるのか?全てがオフザケに見えるのは気のせいでしょうか・・・

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
昨日今日は一斉に世論調査。どれも似たような数字。メディア主導の政治って感をより深めますね。
芸能人も一人の国民であることには間違いなく、政治を専門家だけに語らせることもないと思いますが、やはり率直に言うと「ふざけてる」って思いますよ。だからすぐ「視聴率稼ぎ」って言われる。と言ってNHKの記者の解説は何の参考にもならず。
ニコニコ動画では圧倒的小沢支持。既存マスメディアとネット系。なんだかわからない世の中。