2010年9月22日水曜日

今宵は月も出ぬような

本日は中秋の名月。お月見です。旧歴で八月十五日。十五夜。風情がある暦です。習わしです。


月下に酒宴を張り、詩歌を詠じ、すすきを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛って、神酒を備え月を眺めて楽しむ・・・。


ところがどっこい。今夜は雨の予報。どうもお月様は雲間に隠れてお出ましにならない様子。昨夜、前日の月をしばし眺めました。宴は無しですが。煌々と輝く月。傍にお供のような風情の星が一つ。無粋な亭主も詩情にかられるような。



  待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月の出ぬそうな


竹久夢二の句に思いを託し。今夜は出ないようだから。待ち人はいないけど(爆)。


多分、お月さまも人間社会に呆れかえって、顔を出したくないのでしょう。検察官が「悪事」を働く。それも、もしかしたら組織ぐるみかもしれない。正義の味方月光仮面だったのに。月と正義は結ばれていたのに。


正義の失せた人間社会に仮面だとしても月は遠慮したいのだ(笑)。


なぜか思い出す「竹取物語」、かぐや姫。月からの使者。


明日はお彼岸。彼岸に行った人を思い、此岸にいる自分を思う。かぐや姫は月に召された、彼岸に旅立った人のメタファ。


たぶん食べないと思うけど、すあまの月見団子だけは買ってみました。お彼岸に手向ける花を探しました。団子、お供え出来るといいけど。


   月も雲間の無きは嫌にて候。


たしか、村田珠光の句かと。お茶でも点ててみっかい(爆)。


 

 


0 件のコメント:

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...