2010年3月2日火曜日

95歳、なかなかやるじゃん

知人の話。「うちのじいちゃん95歳なんですが、最近あることを始めたんですよ」。どことなく誇らしげに話し出し。「何だと思います」。「なんだろう、体操かい、いや、車買い替えたとか」。90歳になっても大好きな車の運転は辞めなかったって聞いていたから。


「違います。さすがに車は辞めました。残念だったようだけど、子供に諫められて」。「で、なんと、95歳ではじめて携帯持ったんですよ。親爺が電話してきて、じいちゃん携帯持ったから電話してやって」って。「すぐ電話したけど耳が遠くなっていてどうもよく聞こえないらしい。で、切ったんですが、すぐにメールが来たんですよ」。「さっきはごめん、よく話せなくて。元気かいみたいな内容だったんですが、びっくりして」。


凄いですね。この爺ちゃん。95歳始めてメール。好奇心旺盛なのか、負けちゃいられないって気概なのか。


「オレはそんなチャレンジあり得ないよ」と亭主。「だいたい90まで生きるって気力もつもりも無いし」。


「それじゃダメです。いくつになっても何か始めるって気概ぐらい持たないと」。また若者に諫められ。


60歳代で携帯メール放棄している人多々あり。この爺ちゃんを見習うべきかいなか。あらためて思う。年寄りあなどれない。



2 件のコメント:

cherry さんのコメント...

すごいっっっ(拍手)
��5歳!!かっこいいですね??
私の母は「どうせ?」「年だから・・・」とよく言います。
年齢を重ねると いろんなことをあきらめていくようになってるみたい。
でも、いくつになっても挑戦できることってあるんですね。
一度の人生あきらめず??楽しまないと・・・?

亭主 さんのコメント...

cherryさま
再度のご来店ありがとうございます。深謝。
あきらめるというか意欲、気力が衰退するのかも。
世間と比較しないで、自分の出来る範囲でなにかやること見つけないとと思っています。「年だから、いろんな経験してきたでしょ。それを誰かに教えてやりなさいよ」とでも言って”挑発してあげればなにかやるかも。
そう、人生は一度だけなんですよね。何を楽しみにするかは別にして、「誰もこの世に無駄には生まれてきてない」とでも思わないとやってられない(笑)。
さて、当店も95歳までやってみますか。あと何年あるか・・・(爆)。

ワクチン狂騒曲・協奏曲・競争曲。

  このところ人に会うとあいさつ代わりの言葉が「ワクチンもう打った?」。 周りに接種場所を探して苦心しているようだ。 飛び込みで打ってくれる医者もいれば予約に苦労している人もいる。   テレビでは連日「ワクチン接種」の話題がしきり。 東京や大阪の大規模接種会場...