2010年3月3日水曜日

水五訓

水五訓という言葉があります。誰の作かは定かではないようですが、永平寺にもあるとか。


一.自ら活動して他を動かしむるは水なり。

二.常に己の進路を求めて止まざるは水なり。

三.障害に逢ひて激して勢力を倍加するは水なり。

四.自ら潔くして他の汚濁を洗ひ清濁合せ入るる量あるは水なり。

五.洋々として大洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり
  雪と変じ霰(あられ)と化し凝(ぎょう)しては玲瓏(れいろう)
  たる鏡となり而かも其(その)性を失はざるは水なり。


チリを襲った地震と津波。津波のすさまじさを見るにつけ、また、集中豪雨などの水の勢いを見るにつけ、水の凄さ、恐ろしさを感じます。


人類がこの地球上の姿を現す前から海には水があった。人類が住む前から、海に注ぐ水は山の中の小さなわき水だった。木の葉をぬらしていた雨水だった。


もしかして、水には水の世界があって、勝手に暴れたり、休息したりしていたのではないか。いつの間にか人類が水の領分に近づきすぎた。水の領分を侵したのかも。


水五訓は、しばしば人生五訓にも擬されるが、やはり水は畏敬の対象かとも。


「君は舟なり 人は水なり 水能く舟を載せ また能く舟を覆す」。貞観政要の一節。


政事。人を国を治める人の教えを説いたもの。政治の要諦。猛威をふるった水に政治家は思いを馳せるべきかとも。


毎夜のようにアルコールの入った水のお世話になっています。水商売の方にもお世話になっています。ゆめゆめ水をおろそかにせにように心得おり(爆)。



2 件のコメント:

ふゆお さんのコメント...

こんばんは。かいわれ大根の消毒のために、浄水器できれいにした水よりも、ふつうの水道水が良いという報道があったのを記憶しています。記憶違いでなければいいのですが。。。
いろんなことに使われる水ですが、自然のそれはすごい力がありますね。
”換気しないで台所に水気があるだけでかび菌が繁殖するので、体にはよくない”という話は迷信かも知れません。
水に流していただければ幸いです。お後がよろしいようで。(笑)

亭主 さんのコメント...

ふゆおサマ
はいはい(笑)。水に流しましょう(爆)。何事も、嫌なものは湿気を好むようで。カビも水虫も^^
水の流れに身を任せーーー違う!川だった(爆)。
塩水にてのうがいを怠りなく。

ワクチン狂騒曲・協奏曲・競争曲。

  このところ人に会うとあいさつ代わりの言葉が「ワクチンもう打った?」。 周りに接種場所を探して苦心しているようだ。 飛び込みで打ってくれる医者もいれば予約に苦労している人もいる。   テレビでは連日「ワクチン接種」の話題がしきり。 東京や大阪の大規模接種会場...