2010年3月23日火曜日

母の命日

週末は"憂国の士"たちと痛飲。土曜日は"例会"。ヒロキ画伯の還暦祝い。楽しく、にぎやかしく痛飲。昨夜は遠路からの来客と痛飲。焼酎「十四代鬼兜」を空け。毎夜。嬉しき人との楽しき宴と。


世は御彼岸。きょう3月22日は母の命日。仏壇にささやかな花を手向け。ろうそく灯し、線香焚き、リンを鳴らして合掌。南無阿弥陀仏と。「墓守」殿からメールあり。花で飾られた墓の姿が送られて来て。


仏壇の位牌。昭和61年没。行年70歳と。そうか。満では69歳だったんだ。まだ若かったんだと。仏壇の遺影はもっと若いし。


なんで死んだら行年とか享年とかで数えなのーーー。「ばあちゃんから聞いたんですが、母の胎内にやどった時からその人の人生が始まる。だから生まれた時はすでに一歳だと」。若い物知りが語った。数日前。そうですよ。満年齢なんていつのことから定着したのか。昔は正月になると一つ歳が増えていた。戦後だいぶたってからですよ。年齢の数え方の法律が出来て数えと満という二つの"名前"が出来たのは。亭主も小学校の時は"併記"で混乱させられた覚えあり。今は満が定着。


昭和25年以前は数え歳だった。還暦だって数えでやるべき(笑)。一年前のお祝いかいヒロキチャン(笑)。


朝に続いて午後にも仏壇に額づき。チーン。この母は凄かった。途中経過は省いても、女手一つで苦労して4人の子供育てあげた。男二人は大学まで出し。こども手当なんかなかったよ。三子以下の児童手当もなかったよ。とにかく頑張った。こどもたちも母の行年にアラウンド。一応皆生きているし。


仏壇の中からテレビを見てたのか。聞こえる声あり。「子供は親が育てるもの!」って



0 件のコメント:

ワクチン狂騒曲・協奏曲・競争曲。

  このところ人に会うとあいさつ代わりの言葉が「ワクチンもう打った?」。 周りに接種場所を探して苦心しているようだ。 飛び込みで打ってくれる医者もいれば予約に苦労している人もいる。   テレビでは連日「ワクチン接種」の話題がしきり。 東京や大阪の大規模接種会場...