2010年3月17日水曜日

カラスになった鳩

いつまでも名前をもじって嫌味を言っているのも語彙の貧困だと思われるでしょうが。


鳩山邦夫くんの自民党離党騒ぎ。すは一大事と押っ取り刀のマスコミでしたが。一晩明け、一日経って早くも沈静。与謝野にも舛添にも平沼にも袖にされ。新党結成のメド立たず。


所詮はぐれカラスなのか。自民党内のウルサイ若手にもそっぽを向かれ。行く当てなし。カラスになった鳩。兄貴のところに身を寄せるわけにも行かず。


どんな目算あっての行動かはわかりませんが、はかりごとは密なるを要すではありませんが、同士を隠密裡に募り、あるいは与謝野あたりと事前に根回ししてやった気配も無く。同調者いないとなればもうついて行く人いない。十分根回しして勝算ありと踏んでの新党宣言といくべき。新自由クラブはそうだった。動きは察知されていたが事前に公言した人なかったと。


同じ家に生まれ、なにかと割を食った弟だとは思うけど。兄弟揃って政治音痴と申し上げよう。


勘ぐり。邦夫ちゃんは"敵"にした自民党に塩を送った。邦夫ちゃんが居なくなれば、「鳩山家の子供手当」で自民は鳩山政権を追及するに弱みなくなった。自民党は大喜びなのではと。自民党を手助けするための捨て石になったと(笑)。


それにしても終わりの始まり自民党。「みんなでやろうぜ!」。ガキの使いじゃあらへんで。ホムルームじゃあるまいし。まだまだ与党ぼけの抜けない自民党。野党暮らしから抜けきれない民主党。


はぐれガラスよ何処へ行く・・・。政治の世界とは古今東西、冷酷な社会なんでございます。みんなの中に自分はいなかったりして(爆)。



0 件のコメント:

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...