2010年3月26日金曜日

政治の「劣化」が許せない

極論するようですが。この国がどうなっていくのか、明日の政治がどうなっているのか、さっぱりわからない。あまりに激しい政治の劣化としかいいようがないのです。


ここ数日の話にしても。手練手管に長けた玄人の政治家が必ずしもいいというわけではないのですが。


民主党。生方なにがしの解任騒動。まさに茶番。一時はマスコミこぞって生方贔屓。小沢悪し。あげく職務放り出してテレビ出演。それの方がなんぼか得になるって魂胆か。これに関連した小沢の記者会見。あいかわらず木で鼻を括ったような答えに終始。おそるおそる質問を発する記者さんたち。小沢に一喝されると黙り込む始末。


小沢なにするっものぞ。どこが、なにがそんなに怖いのか。民主党の議員さんも恐れているとか。修羅場経験した政治経歴長い政治の達人ではあろうけれど、みんなで「神格化」してしまってる。単なる小心者のはずなのに。「上司」にあたるはずの鳩山も何も言えない。こんなバカな話ってありですか。


普天間問題。とにかく鳩山は「少なくとも県外」と言った。今や右顧左眄。定見はどこにも無し。


自民党政治を良しとするわけでは決してありませんが、政治には「筋書き」があっったり、「落としどころ」があってそれを見据えていろいろ体裁を繕ったりするもの。たして二で割るって手法は日本人的ではあるものの、それなりの手法ではあった。鳩山くんは「検討中、考えている」というが、真剣に考えて居る様子はまったく見えず。


外交の基本は信頼かと。鳩山外交の手法はまっったく信頼に足らず。内外共に。


郵政改革では亀井が吠えたら、それをやんわり打ち消そうする。閣内不統一。亀井はさらに吠える。「総理の了承得ている」と。どこかで言質を与えていたのでは。鳩ちゃん全くの政治音痴としか言えない。


これらは皆、連立政権に原因あり。参院対策の連立。国民の選択は民主党政権であって連立ではなかったはず。


国家公安委員長が女性スキャンダル。ああ、もうなにをか言わんや。


閣僚まとめきれず、ただ、ただ、多言を弄し、日を空しゅうする日々。


自民党の邦夫騒動も結局何だのか。


「劣化」。きのうのJR埼京線の事故ではないけれど、ケーブルの劣化が原因。劣化したものは取り替えないと。


鳩山くん消えなさい。小沢君消えなさい。民主党に投票した人達は泣いている。


昭和史発掘ではないが、腐敗政治には2,26事件や5,15事件があった。今時クーデターがあるわけもなく、エセ民主主義が定着したようなこの国。国会を取り巻くデモもなく。


本物の知識人なる人はあまり物を語らず。ワイドショー劇場に慣れた人達が勝手に吠えて叫んで。確たる定見も持たない人達が。


悪口言いすぎたかな。頭痛くなって来た・・・・。



0 件のコメント:

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...