2010年5月5日水曜日

ガキの使いじゃ・・・

ガキの使いじゃあるまいしー。土産も持たず、土産も貰えず。鳩山クンの沖縄訪問。行き場無しの袋小路。正面突破作戦。余りにも遅きに失した愚行と言うべきなのか。


いやいやさに非ず。八方塞がり打破すべく、「総反対」の声を後ろ盾として、新たな展開図ろうという奇策なのか。


しかし。なんでいまさら。「海兵隊問題は学べば学ぶほど難しかった。浅はかと言われればその通り」などと口走るようでは。そんな宰相についてはいけないとの思いも。思い。毎度口にする鳩山フレーズ。あいまい言語なり。


ガキの使い。ガキとは餓鬼と書く。そして辞書には「子供をいやしめる言葉」とある。悪ガキ、くそガキ、ませガキ、・・・。鳩山クンはあがき(笑)とも。「「あ」に当てる字見つからずなり。


おっと、ガキなんて蔑称使ってはなりませぬ。きょうは「子供の日」。御子ちゃまの日。減る一方の子どもは大事にしないとあきまへん。「ガキのつかい」なんとかというテレビ番組あり。見た事ありませんが。初めてのお使いに行く子どもはけなげでありましたが。


子どもの日。端午の節句。夏日、青空。この時間もどっかではしゃいでいるガキ、いや、お子ちゃまもいらしゃると存じますが。


今朝の朝日川柳。お題は「空」。「そら」と読んだ句は一つ。「逆上がり出来てお空の広いこと」。あとはなぜか「から」と読む。「マニフェストほんとの呼び名は空手形」。「そら」と読んでも「マニフェスト邦訳すると絵空事」となっており。


五月晴れの空は怒っているのかも(爆)。



0 件のコメント:

ワクチン狂騒曲・協奏曲・競争曲。

  このところ人に会うとあいさつ代わりの言葉が「ワクチンもう打った?」。 周りに接種場所を探して苦心しているようだ。 飛び込みで打ってくれる医者もいれば予約に苦労している人もいる。   テレビでは連日「ワクチン接種」の話題がしきり。 東京や大阪の大規模接種会場...