2010年5月7日金曜日

若者から学んだ夜

昨夜。元部下と久闊を。久しぶりの会食、飲酒。とかくありがちな昔話は双方とも好まず。今を語り合い。そこは若者。とは言っても40代には突入してるはずなんですが、ツイッターからはじまってメディア論、社会論。結局いろいろ教わりました。勘定は割り勘なのに(爆)。


真実か事実かは別にしてツイッターの世界ではいろんな情報が入ってくるということ。思わず「やりかただけ教えておいて」と亭主。たぶん面倒ではまらないと思うけど。これも一つの社会勉強、好奇心。


マスコミと総称してメディアっていうけど、自分の中では言論人とメディア人とを区別してるんです。言論人は自分のちゃんとした意見を言い、言辞に恥じない人。メディア人とは単なる垂れ流しーと彼。


そうでうよ。メディアとは訳せば媒体。媒介物。「単なる伝送ですよ」と彼。そこから始まったメディアの在り方巡る熱い論議。酒が回って相変わらず話の中身を失念してる亭主。でも、若者に教わるってことは楽しい。そして嬉しい。「お前ずいぶん成長したな」。「いえ、初心をたたき込まれていましたから」。あらら、お恥ずかしい(爆)。


話は時には脱線。でも、面白い話題。連休で四国に遊びに行ってたとか。「高知には"八金"って言葉があるんですよ」。初めて聞く。ハッキンカイロなら知ってるけど(爆)。「ハチキンって言うんです。土佐の女性を指していう言葉」。男は「いごっそう」。女は「ハチキン」。どうも金○が八個ついているってとこからきたらしんですが。土佐の女性の褒め言葉。内助の功含め肝っ玉が据わっている人多いからとか。


そして高知市内には「八金」という名前のお店が多いとか。「二軒梯子してたらふく食ってきましたよ」。そう、こいつは昔から食べることが好きだった(笑)。


話のついでというか、話のせいで。追加注文。土佐産かどうかはわからないけど鰹の刺身を。(爆)。亭主二きれ、彼八きれ。「なんだい、こりゃ八金じゃないか」って。(爆)。


昨夜は実は、もう一つ若者との会合ありの予定。しかし、その仕切り役がにわかに体調不良になりお流れ。掛け持ちせずにすんだ亭主。腹八分の酒で終了。別れ際に聞く。「で、八金女ってどんなだったの」「はい、皆美人でした」。「あ、うちの八金女です」。iponeの写真。なんと大きくなった娘の写真を拝見させていただき。「私立の高校生。月八万円ほど金かかりますわ」。



2 件のコメント:

アリプロ さんのコメント...

ご亭主様
飲み会・宴会うらやましい。
私、大好きなんです。
ところで、先日 夢を見ました。
私が皺だらけの老人になっているのです。
ところが飲み会となると若人になってい
るんです。ばかばかしい夢でした。
女房に話したら最初は心配したのですが、
落ちに入って、小ばかにされました。
高知の先輩の「つのしんの独り言」一度
覗いて下さい。
土佐でカツオ食べたいな。
         それでは乾杯!

亭主 さんのコメント...

アリプロさま
飲み会、宴会、嫌いなんです(笑)。気心の知れた仲間との飲み会はいいのですが大勢の宴会苦手ww
孤独を好む性格なのか(爆)。
貴兄はきっと飲み会では若者のようにふるまっておられるのでは。つのしんの独り言、時々拝見していますよ。

歪んだ政権、歪んだメディア

  安倍が退陣してからもう一月以上になる。 菅政権の存在意義がわからない。   安倍退陣劇には“真相”が全く分からない。病気を理由にした退陣だが、今はすっかりお元気であらせられる。 有能な薬師(くすし)が不老長寿の薬を調合したかのようだ。   フランス...