2010年5月20日木曜日

元の木阿弥

沖縄米軍基地問題。結局、辺野古沖合埋め立てに戻ると。多少の「色」をつけたり、一部県外の可能性はぼやかしたままだそうだが。明日クリントン女史来日。合意が計られるとか。


さんざん「思い」を弄んだあげく、結局は・・・。何だったのかこの半年間。こういうのを世間では元の木阿弥という。いったん良くなったものが元の状態に戻ることの意。いったん良くなったことって無かったけれど。


類似語で言えば「ふりだしに戻る」。双六なら振り出しに戻ってやり直せるけれど(笑)。沖縄然り、高速料金然り。あまりに多い元の木阿弥。筒井順慶もびっくり(爆)。順昭の死を隠して木阿弥を替え玉にしていた期間は3年間だとか。こちらは半年余りでボロが出た(笑)。


木阿弥は盲人だったとか。政治に明るい人はおらず、政治に盲い人ばかりの双六ゲームなりと(爆)。



2 件のコメント:

ふゆお さんのコメント...

ご無沙汰しております。
暑かったり、涼しかったりで体調維持が大変な季節ですがお元気そうで何よりです。
船が沈められたこと含め、大きな視点で考える人が政府内あるいは関係機関にいないから?と不安になります。
どうすべきか?の判断ができるはずもなく。
5月末が近づいてますが、もしかして前の政権の様に急にお辞めになったりするのでしょうか?
五里も十里も霧の中にいる様な。。。(涙)

亭主 さんのコメント...

ふゆおサマ
今日は酷暑。元気じゃありませんよww
普天間、5月決着はむりと。お茶を濁すようなことはするかもしれませんが。多分、鳩は辞めないと思いますよ。
おバカにお付き合いするのも疲れますな(爆)。百里霧中、いや鳩は夢中なんでしょうが(笑)。

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...