2010年5月21日金曜日

「塩加減」(笑)

事業仕分け。テレビで断片的に見るだけなんですが、面白いというか納得というか、馬鹿馬鹿しい限りと思ったりとか。


塩事業センター。備蓄14万トン。それの必要性めぐってのやりとり。なんだかんだと言い訳け、言いくるめを計る説明者という名の公益法人側。阪神淡路大震災を引き合いに持ち出し。放出した塩は14万トンだと言った説明人。問われて答えられなく、隣の「部下」に聞いて。14万トンと断言。別の人がささやく。14トンと。正解は14トン。万があるとないとの違いもわかっていないのか。そんな数字さえ把握出来ていないのか。その人が天下りの人かどうかはわかりませんが。余りにもお粗末の極み。


塩梅、塩加減、さじ加減・・・。使う人それぞれに任された味付け。公の席で塩加減間違えるとは。言語同断だと。公益法人とやらはこんなバカ親爺にも高い給料払っている。いい加減にせい。加減乗除。しっかり仕分けて廃止、廃止。


交通安全協会の仕分け。免許更新時に渡される冊子。納得。ほんと無駄。更新時、冊子代を取られるのみならず必ず聞かれる。「交通安全協会に入りませんか」。たしか500円だったか。もちろん丁重にお断りしてくるのですが。断れない人、入らないと不利になるのではと疑心暗鬼になって入る人もあり。冊子買わされた人へのインタビュー。殆ど全員が持って帰って捨てると。なかには剛の者も。その場に置いてくるって人も。持ち帰りは70%以下。どうせ捨てられ燃やされる紙。流行のエコに逆行とも。無駄の二重奏かって(笑)。


事業仕分けとやらでどれだけ無駄が排除され、埋蔵金なるものが出てくるのか。金額の多寡に非ず。天下り含め、甘い密の味に巣くっている奴多すぎる。手加減しないでぶった切れと。


こんな仕分け、メディアがやってなくてはいけなかったこと。やっと気がついたのか。ひょうたんからコマではないけれど民間放送教育協会もやり玉に。これも納得なり(笑)。


とにかくいい加減なことが多すぎる。



4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
��「む」無理、無駄、斑は車の運転でやってはいけないこと。
不経済で危険だから。てなことがあの配られた本に書いてあったっけ。
どうでもいいけどジャンボ宝くじ、まじめに毎回買ってるけど当たらない。理由が分かった。もっと当選本数を増やせるんだ本当は!チクショウ!ジャンボを買った時もらった携帯ストラップ「ありがとう」なんて言うんじゃなかった。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
それはそれはご愁傷さま(笑)。
宝キジ最近は買ったことなし。もともとクジ運悪い男にて。
「本」ちらっとでも読んだだけ偉い!!(爆)

cherry さんのコメント...

プチご無沙汰でした(*^_^*)
事業仕訳で明かされる恥…
赤やみどりの羽根基金もどうなっているんだろ(T_T)
北原白秋の「赤い鳥 小鳥」
��最近読んんだ小説の中で引用してあった…)
どんな餌を食べてるんだろね~~

亭主 さんのコメント...

cherryさま
いつもありがとうございます^^
共同募金会も依然なにやら世間の「やり玉」にあがったことありましたよね。募金者には何に使ったかの報告は無し。町内会長のところには行っているのかな(笑)。
��HKや新聞社の「募金」「助け合い運動」ってのも結果どうなっているのかと疑問に思うことも。「餌」を食べているとは思いませんが。公益法人は甘い餌にありついている人多すぎる。どんんどん仕分け、廃止せよ!!てね。

いくつかの大地震のこと

大相撲の初場所が始まっている。 貴の岩への暴行事件をめぐり醜態をさらした相撲協会、しかも立行司の不祥事。なにがあっても連日の大入り満員だ。 何があろうと「声なき声」は国技館に行き土俵に目を凝らし歓声をあげる。 天皇ご夫妻は恒例の観覧を取りやめられた。 相撲中継時にたま...