2011年1月1日土曜日

思わず遠くへ来たもんだ

明けましておめでとうございます。と、まずは新年のご挨拶。今年も当「からから亭」を御贔屓賜りますようよろしくお願い申し上げます。

新年、いつもと変わらず朝7時ころ起床。初日の出を見ようと思っていたのだが、曇り。したがって早起きせず。ゆっくりコーヒー飲んで、新聞に目を通し。テレビ欄、まったくくだらない。ろくな番組無し。見るもの無し。昨夜の紅白もそうだった。これじゃテレビは飽きられる。

恒例によって雑煮食し、やがて届いた年賀状を拝読。ざっと目を通しても2時間はかかりましたね。子供が生まれましたやら今年で92歳になりますという大先輩まで。102歳の親を介護中ともあったり。定年、還暦を知らせるものもあったり。いろんな人の人生が凝縮されたような葉書の束・・・。

亭主も今年で何回の正月を迎えたのか。70回を超えているのです。記憶は無いものの、一応戦前生まれ。戦中、この頃はいささか覚えあり。そして戦後。高度成長。バブル経済、崩壊とさまざまな世相をその時々の立場で体験、経験。

そして思わず浮かんだ言葉。思わず遠くへ来たもんだ。子供の頃には70歳以上生きるなんてこと思いもしなかった。あ、こういうこと書くとハワイにいる妹に叱られるんです。「あんた、元気で長生きしないといかんよ」って(爆)。異郷で貧乏暮らししているのになにやら血気盛んなお言葉。はい、今朝電話ありだったので。

海援隊の歌にもあった。思えば遠くへ来たもんだ。うろ覚えの一節、♪思えば遠くへ来たもんだ、この先どこまで行くのやら。思えば遠くへ来たもんだ、あの頃恋しく思い出す♪。

時間が過ぎるのが早いと皆いいます。月日がたつのが早いといいます。そう思います。もしかしたら、我々は余りにもスピードを追い求め、早いことはいいことだと考えてきたからではないでしょうか。パソコンの起動時間の数秒のことまで云々するくらい。夢の超特急新幹線が北から南までをひた走り。狭い日本、そんなに急いでどこへ行くってコピーが流行っていたのに。それはスピード違反警告の警察の文言だった(爆)。ケータイは通信速度の速さを競い・・・。「速読術」なんて本が売れ。

最近知りました。「遅読のすすめ」っていうのを。元中学や高校の国語の先生だった98歳になる橋本 武さんと言う人。中学生に3年間でたった一冊の本をゆっくり読むように勧めた。その本は、中勘助の「銀の匙」。亭主、あわてて本だな探す。ありました、持っていました岩波文庫。ページも表紙も真っ黄色(笑)。185ページ、大正2年初稿。

語句を一つ一つ調べ、体験し、考えるという読み方、遅読。横道にそれることが狙いだとか。進まないことに焦る生徒に言ったという。「すぐ役立つことはすぐに役立たなくなる。自分で見つけることは、一生の財産になる」と。

内容もとっくに忘れている銀の匙。埃をはらってめくる。「私の書斎のいろいろながらくた物などいれた本箱の引き出しに昔から一つの小箱がしまってある」・・・・。よし、決めた一年かかって読んでみよう、読みなおしてみよう。最初に手にしたのはいつだったのか。高校生か大学生か。その時の指紋が残っているかも。

2011年初頭。なぜか遠くとか遅くとかいう言葉にとらわれています。年頭所感ではありません。年頭ぼやきなのであります。

4 件のコメント:

ふゆお さんのコメント...

明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い致します。
現在頂いた年賀状のお返事を作成中です。(爆)

世の中「比較」が蔓延しているのではないでしょうか?
ケータイしかり、新幹線しかり、日本だけでなく世界中で比較して競争しています。
”速さ”もその比較の一つのアイテムではないかと思う次第。
国のことを考える方々は、もう少しゆっくりと思索にふけり、しっかりとした施策(政策)を出して頂きたいものです。(笑)

亭主 さんのコメント...

ふゆおさま
ご来店いただきありがたいありがたい。しかもコメント出来たとは。凄い。
思索の正月をやってください。「比較」。考えてみます。

あさきゆめみし さんのコメント...

あけおめ(笑)

比較といえば「価格.com」なるサイトがあるごとく、同じものなら安い方がお得という考え方は悪くはないと思います。
ただし、粗悪なものはいけませんね。どこかのおせち料理のように 羊頭狗肉は身の破滅と肝に銘じていただきたたいですね。ま、だまされる方にもどこかに隙があるのかもしれませんが。。。。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
明けお目事よろ(爆)。おひさしぶりでした。ありがとう。
はい、同じものなら安いが結構。しかし、個人曰く「安物買いの銭失い」。
サイトで買うのは本だけと一応決めています。「ほれほれお客さん、お手にとってとくとごろうじろ」。

八月の終わりに

地球は“異常気象”に覆われた。 日本でも熱中症という言葉が連日メディアから伝えられている。 豪雨に見舞われ、災害大国の様相を見せている。 どことなく秋の気配が感じられる昨今、連日思う事の大なる日々。 アジア大会が行われている。 アナウンサーは「日の丸を背負って」と絶叫...