2011年1月12日水曜日

冬の日

テレビの天気予報が伝えているように連日寒いです。はい、本格的冬です。冬が寒いのは当たり前なんですが。当たり前の事が大ニュースになる。それはもちろん雪害などの被害を出しているからなんでしょうが。

積雪にはならないまでも郡山も雪が降ります。そして西風が冷たい。雪に覆われた山から降りてくる風が。

朝、ゲンキを連れての散歩。ゲンキはさすがに犬。寒さをいとわず。はしゃいでいる様子。

朝の冷気。やはり凜としています。雪の降った日は静かです。身が引き締まるような、頭が覚醒されるような。寒いのは嫌だけど味わうのも悪いモノではない。

歩きながら詩が浮かんできます。三好達治の「冬の日」。
  ああ智慧は、かかる静かな冬の日に
  それはふと思いがけない時にくる 
  人影の絶えた境に 山林に
  たとえばかかる精舎の庭に
  前触れもなくそれが汝の前に来て
  かかる時、ささやく言葉に信を置け
  静かな目 平和なこころ 
  そのほかに何の宝が世にあろう

智慧も来ず、静かな目も、平和な心も持っていない亭主ですが。せめて締め切り迫った原稿のヒントくらい浮かんで欲しい(笑)。

0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...