2011年1月13日木曜日

民主党解党のすゝめ

今はまだ党大会やっている最中かどうか。政権政党民主党。きのうの両院議員総会みてても、最早これは政党の体を為していない。

いや、例え一年生議員だって自由にモノが言えるっていうのは開かれた民主的な良い政党ってことになるかもしれませんが。天下の国会議員が「オサワさんは敵か味方か」なんて言うに及んでは、とてもじゃないがこの国の政(まつりごと)を託すには品質劣化も甚だしい。

代表も幹事長も、その発言からは人の心を指すような言葉聞かれず。あげくマニフフェスト修正だって。無理な公約掲げて、言わば国民を欺いてきたようなもの。そして難局回避策の人事。なんで敵だった筈の与謝野馨なんて取りこむの。一時は下馬評に挙がった渡部恒三。あのですね。もうとっくに賞味期限切れのご年齢の方々。いえ、年をとっているのが悪いとばかりはいいませんよ。年をとっていたって余人に代え難しって方もいらっしゃいますが。

要するに民主党には人材がいないってことの証左でしょう。ただただ「政権交代」っていう流れにのって当選してきたようなガラクタ石。磨いて光るような玉はいなかったってことか。

マスコミ然り。世を挙げての民主党叩き。それってよくあること。

ともかく変貌、変節はなはだしく、党内ばらばらの政党じゃこっちはたまったもんじゃない。

企業も然り。まとまった組織力が無いところは負け組。例えは悪いがなんでヤクザ組織は生き残っているか。抗争事件を繰り返しても、例えば山口組の一和会との抗争にしても、一時は離反者出たとしても「組織を強固に維持しなければつぶれる」って危機感、組織論が、あのごろつきどもにだってわかっている。

政党とて然り。もう組織バラバラの感ありの民主党。敵は弱い所を攻めてくる。攻められまくりでずるずる後退。だから、おすすめします。解党を。どのみち今のままで小手先細工の人事やっても誰も支持しなくなってしまった。選挙やっても勝てっこない。ならば与謝野取り込みが良い例。解党して政界再編やることがこの政権の使命かと。国家百年の大計に立っても。

カンナオトよ。マスクかぶって国民に”ランドセル”プレゼントしてよ。(爆)。

0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...