2011年1月19日水曜日

大学は出たけれど

「大学は出たけれど」。今の話しではありません。大昔の流行語。1929年に封切られた映画の題名。アメリカ、ウオール街の株価暴落に始まっての金融恐慌。金解禁、輸出産業の花形だった生糸の輸出急落。そして凶作と。

日本中貧困。大学を卒業した人の就職率は30%だったとか。

今年の就職戦線。まさに大学は出たけれどの様相。記憶にあるところではオイルショック時がそうだったかも。

今年がなんと大卒で68,8%とか。内定率。学校出ても職の無い人が7万人か8万人も出るとか。新聞は書く。「超氷河期」と。

1929年の頃は大学生の数も少なかった。大学なんて少ししか無かった。当時の大卒は「学士さま」とあがめらたもの。今は吹けば飛ぶよな駒か。

いったい大学が幾つあって、卒業生が何人いて企業が何社あっての68,8%、超氷河なのか。その辺の数字の比較がいまいちわからない。読み解いてくれない。この国の中で、大学生は最早飽和状態なのか。

企業経営は基本的にどこも苦しい。社員は「コスト」だと。「資産」と考えていない。大企業の「コスト」になろうと必死の若者達。中小企業には目が行かないという人も多いとか。需要はあるはずなのに。寄らば大樹志向。親も子も。「随所に主となれば立つ処、皆真」。道元さんの言葉かな。中小企業行った方が面白いし存在価値見出せるとも思うのですが。

インターネット使っての募集、応募が流行とか。ネットで人材見つかるのかなとも。なんかいわゆる「ミスマッチ」が多いような。

亭主の学生時代。新聞学会の友人と就職活動。彼は結局レコード会社に。音楽の事は何も知らずだったけど。「俺とお前は全く逆の職業になった」とぼやいていた彼。演歌専門のレコード会社だったし。マスコミ志望強かったし。しばらくして・・・・。彼は屈指の演歌プロデューサに。人生万事塞翁が馬ではないけれど、どっかで彼の能力が開花した。就職してみなくっちゃわからない。そこで力発揮すれば人生開ける。

望みが高すぎるのか、人材いないのか、企業経営は苦しいのか。いまいち読み解けない就職模様。雪の中を慣れないスーツ来て走り回っている学生さんきょうも多いのかと。

4 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

何時ぞやのニュースで商社では海外勤務を敬遠する社員が増えているとか…国内で安定した仕事をしていたいとな。なぜ商社を選んだのでしょうかねぇ、と素朴な疑問。
今の時代、大手企業も倒産する時代、これからは挑戦の時代じゃないのかなぁ。

大卒で68.8%内定率というものの、ハローワークの求人情報は増加のイッポ。数値だけが独り歩きして、メディアが騒ぎ立てる、ほんでいつの間にか就職氷河期と。もう少し、リアルな現実見ましょうよ、と言いたくなりますね。

今の時代、安定求めて会社に入ってこられても、企業は困ると思うのですが…皆それぞれ定義は違うでしょうが、学生が望む「安定」とは何ぞや?

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
やはり意識は「グローバク化」してないのでしょうかね。
そうなんですよ、中小で挑戦する時代なんですよ。
現実との乖離。よくあること。まだ学生も「甘い」と言えるかも。
安定か・・・。ボケにつながる(爆)

TACO さんのコメント...

亭主さま
仰せの通り。世の中何事も意味も無く数値化して騒ぎ立てる。働くということが何かを学ばなかった学生とその親が政治や世の中のせいにするこの頃。零細企業に就職して「おれが大企業に育ててやるぞ!」ってのが男のロマンじゃないのかな。
自衛官、警察官、消防士なんて年中志望者募集やってる。
伊玖馬は「消防士になるんだ!」って威張っている。

亭主 さんのコメント...

TACOさま
御意。全部の人とは言わないけれど自ら”墓穴”掘ってる学生もいりるではないかと。「どうせ、ウチは中小だから」って自嘲してる経営者も問題。
ゼビオっていう会社が郡山にあり。初代社長は亡くなったけど高卒で創業。創業10年くらいで大卒7人採用。やっと大卒採れるようになったと感涙。その後二部、一部と東証上場。社員も燃えていた・・・。
「江戸の火消し」に乾杯!!男の粋の極みだぜ。

「ブラックアウト」で思う事

きょうは真珠湾奇襲、日米開戦の日だ。そんな日であることを承知の上で。 「ソフトバンク」が通信障害を起こした。4時間余りか。携帯は不通になった。 4時間、社会生活は混乱に陥った。 冗談で言うなら、白戸家のお父さん犬を唐草模様の風呂敷に包んで“幽閉した”かだとも言いたくなる...