2011年1月22日土曜日

運の無い男

英国BBCのバラエティー番組のことをいっているのではありません。からから亭亭主のことです。

昨夜は某市議会議員の新春の集い。昔からの“義理”で。協賛品を主としたお楽しみ抽選会。参加者280人。景品数約100個。バナナ、酒、花・・・。次々に呼ばれる「当選者」。亭主の近くからも当たり~の声。亭主はいっこうに呼ばれず。そしてついに中締め(爆)。戦利品無しでありました。

そう、昔から籤運は無いのです。わかっているけど。年末ジャンボに懲りずに挑戦。しかも6,000円奮発。バラで買ったら300円も当たらなかった。

スーパーのポイント抽選会。貯めに貯めて十数回の抽選。全部はずれ。隣にいたおばあちゃん3枚のうち一枚が当たり。カランカランと鐘鳴らされる。

当たらない、当たらない。三分の一の確立でも当たらない。運が悪い男としかいいようがない(爆)。

明日は年賀葉書の抽選のはず。今年もまた切手シート数通だぜ。きっと。

0 件のコメント:

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...