2011年1月23日日曜日

耄碌(もうろく)

何かを見ていたらこの字に出会いました。懐かしい。パソコンの変換ではもちろん出てこない字。果たして「反映」されるやら。耄碌。もうろくと読みます。子供の頃によく言った。近所のおじいちゃんやおばあちゃんつかまえての悪口。そして自分にも使ったことあったかも。「あらら、耄碌寸前だな」なんて。

呆け老人だの認知症だのってのは良くつかわれるけれど、この「もうろく」だけはやや”死語”の感あり。

懐かしくって懐かしくって。亭主すっかりもうろくじじいだし(笑)。

分厚い広辞苑を引く。耄碌ーおいぼれることとありました。そのものズバリ(爆)。

なんでこの字を見たのか。たぶん森鴎外の子の森於菟が書いた随想本のタイトルかと。

本の題名は「耄碌寸前」。72歳で上梓とか。

よし。亭主も72歳までは書いてやるぞ。ガハハハハ(爆笑)。

しかし。常用漢字反対(笑)。懐かしい言葉がどんどん消えていく・・・。

で、この字をどこで見かけたのか。それが思い出せない。やはりもうろくすんぜんだ。

0 件のコメント:

「黙食」の記憶

  敗戦後,転々と居が変わり、落ち着いたのが初台の家だった。 食糧事情がやや良くなり、一家は丸い卓袱台を囲んで夕餉をとっていた。 “家長”は祖母だった。 「ご飯は黙って食べなさい」が家訓のように言い渡されていた。 隣に座っている弟は奇妙な特技の持ち主だった。 ...