2011年1月23日日曜日

耄碌(もうろく)

何かを見ていたらこの字に出会いました。懐かしい。パソコンの変換ではもちろん出てこない字。果たして「反映」されるやら。耄碌。もうろくと読みます。子供の頃によく言った。近所のおじいちゃんやおばあちゃんつかまえての悪口。そして自分にも使ったことあったかも。「あらら、耄碌寸前だな」なんて。

呆け老人だの認知症だのってのは良くつかわれるけれど、この「もうろく」だけはやや”死語”の感あり。

懐かしくって懐かしくって。亭主すっかりもうろくじじいだし(笑)。

分厚い広辞苑を引く。耄碌ーおいぼれることとありました。そのものズバリ(爆)。

なんでこの字を見たのか。たぶん森鴎外の子の森於菟が書いた随想本のタイトルかと。

本の題名は「耄碌寸前」。72歳で上梓とか。

よし。亭主も72歳までは書いてやるぞ。ガハハハハ(爆笑)。

しかし。常用漢字反対(笑)。懐かしい言葉がどんどん消えていく・・・。

で、この字をどこで見かけたのか。それが思い出せない。やはりもうろくすんぜんだ。

0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...