2014年2月12日水曜日

17歳の少女に教えらえたこと

オリンピックもたけなわ。スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手。17歳。
競技の結果は4位。本人も関係者も観客も、日本でテレビをみていた人も、みな悔しいだろう。残念だろう。
彼女の存在は、一人のアスリートとしてだけではなく、あることをボクに教えてくれた。尊敬していると言ってもいい。

ほとんど全部のアスリートたちは、試合に臨むとき、オリンピックだけでは無く、さまざまな場面でこう言う。「試合を、競技を楽しんできます」と。

スポーツ選手が言う「楽しんでくる」という言葉にかねがね違和感があった。コーチや関係者も「楽しんで来い」といい、「自分の滑りをすればいい、自分の野球をすればいい、自分のプレーをすればいい」という。
結果がついてこなかった時、「自分らしさが出せなかった。自分のプレーが出来なかった」といいう。

「楽しむ」。そのことについての答えを教えてくれたのが高梨選手だ。
こう言っていた。
「私のジャンプを見ていて、見てくれていた人が、応援してくれている人が楽しいと思ってくれたら、それが私の言う“楽しみ”です」。

他者に楽しみを与えることが己の楽しみ。

ちょっと前だったけれど、その言葉を聞いたとき、ボクの中にあった「言葉のもやもや感」が消えた。

大人が言えない事、もしかしたら大人とは違う“言葉の価値観”を持っている子なんだと。教えられた、それは尊敬にも近い。
他のスポーツ選手たちも思っていることは同じなのかもしれない。しかし、それを彼女のように明確な考えとして表明できていないのでは・・・とも。

試合後のインタビュー。その答えも見事だった。一語、一語の重みがあり、無駄な言葉は無く、語っていた。

言葉を生業としているアナウンサーの“狼狽ぶり”と対照的に。

少なくともボクは彼女の滑りを楽しんで観た。

10代の若者たちに、実は、大人は教えられているのではないだろうか。災後、特にその感が強い。
大人たちは「うろたえて」いる。

三陸地方の防潮堤門題にしても、若者たちが出し合った意見のほうが正論だ。彼らはきちんと考えている。それは彼らには利害関係が無いからだ。

大人たちは「子供たちのために」という。子供たちのために現実路線を選択しようとする。
子供たちは違う。やがてくる「未来」「将来」を自分たちのものとしてとらえているから。

高校生たちの間では、今、「戦争」が語られ始めている。「戦争を知りたい」という。どこかで、肌で、「戦争の気配」を感じ取っているからかもしれない。

そして彼らは言う。「我々若い者たちだけで、つまり横の関係だけで話しても、何も学べない」と。「縦の関係、大人から話を聞きたい」という。

若者たちに戦争を語り得る大人がどれくらいいるのだろう。「格好いもの」と彼らは捉えていない。

♪戦争を知りたいこどもたち♪。そんな歌でも誰かつくらないか。

今、この国を動かしていると、大いなる勘違いをしている大人たちよ。子供たちに、もう、その座を明け渡してもいいのではないかな。

沙羅ちゃんの言葉がボクを後押ししてくれているような。

メダル、メダルと毎日絶叫しているテレビ。メダル予想をして、それが報道だと勘違いしていた人たちよ。
光輝くメダルよりも、もっと輝かしいものを受け取ったような気がして。
爺の感傷だけかもしれないが。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
僕も沙羅ちゃんて凄い!と思う。いつも「支えてくれる皆さんのおかげで今の自分があると思います」と言い、さらに「ジャンプ台を作るのにもたくさんの人が朝早くから来て作ってくれているから飛べるんですからね。感謝せずにはいられないです」とも・・・。
お父さんの寛也さん、「まあ、特別な子だとは思ったことないですね」無口な父娘。
谷川俊太郎の詩「未来へ」の最後に「未だ来ないものを人は待ちながら創っていく
誰もきみに未来を贈ることはできない。何故ならきみが未来だから」
この言葉を沙羅ちゃんに贈りたい。“沙羅ちゃん、ありがとう!”

亭主 さんのコメント...

tacoさま
ほんと「沙羅ちゃんありがとう」だよね。
良い詩を教えてもらった。サンキュ。
無口な父親。うん、キミも似ているかも(笑)

JOLLY さんのコメント...

試合直後、アナウンサーのどの質問にも真摯に答えていました。とても立派な人だと思いました。
たくさんの人のおかげでここまで来られたのでその感謝の気持ちをを表したいと思っていたが、それができなかったことが残念でした。というような内容を話していらっしゃいました。すごいなあって感心しました。
WCで13戦中10勝という間違いなく女王なのにおごることもなく、4位についても追い風のせいもあったとのことなのに、それにもまったく触れず、オリンピックの舞台に立てたことを感謝している、又来られるようにさらにレベルアップできるようがんばるとまで言えるなんて、オリンピアンとしてだけでなく人間としても最高に優秀な人ですね。本当に立派な人です。

亭主 さんのコメント...

jollyさま

コメントありがとうございます。感謝。
おっしゃるとおり。「人格者」って言葉をあらためて感じましたよ。
言い訳はしあい、誰のせいにもなんのせいにもしない。
上のコメントにもあるように、コースを作ってくれた人の労苦に感謝する気持ち。他者を思いやる気持ち。教えられるところ大です。