2012年6月16日土曜日

民主党解体の勧め

「決められない政治」「決めない政治」ってマスコミそろって揶揄するけれど。
ちゃんと決めてるじゃないですか。消費税増税。原発再稼働。この国の将来を左右することを。

しかし、決められてことに同意するに非ず。野田支持にもあらず。

例えば消費税増税。その必要性は認めます。しかし、今がその時期かと。国家百年の大計に立てば通らなければならない道ではあるが、その前にやることあるだろう。小沢的主張のようだけど、もちろん小沢にもくみしない。

高福祉・高負担。避けて通れない道なんです。豊かな老後なんてあるはずないと覚悟はしているけれど。だけど「身を切っていないことの数々」。

自公と修正協議決着。党内には異論抱えたまま。
これは、ことの善し悪しではなく「政党政治」の在り方に背くもの。

「国民生活だ第一、国民生活を守る」。政権交代時のお題目。マニフェスト。それがことごとく破られていると民主党の小沢寄りが怒る。

国民って誰のことなのかってあらためて聞きたい。大体ですよ、政権交代時のあの外来語、マニフェストなんてまともに信じて民主党に票を入れた人なんてごく少数。自公政治に飽き飽きしていたから入れただけ。

参院選敗北から今日に至るまで、どいつもこいつも「政治音痴」。政治のど素人の集団が民主党かと。

国民生活を守るんんじゃない。自分の身を守るってことが大事な人達。

今朝の新聞の片言拾ってみても・・・。
党内了承先延ばしを受けて「破られもいいように安いスーツを着てきたが、気が抜けた」と言ってる議員がいたとか。ハマコーの時代じゃないんだぜ。

「法案に反対して、処分がどの程度になるかによって法案採決の本会議出欠を決める」。政治信条ゼロのような日和見。
たしか公明党の神崎武法が昔詠んだ一首。

「出て壊し、入って壊す小沢流」。政界柳壇に保存されるべき名句ですな。

“悪魔”とは言わないけれど、自公と手を組んでしまった野田。
小沢グループ切りなさいよ。党内でいつもいつもゴタゴタしてるくらいなら。

所詮寄り合い所帯、呉越同舟の民主党。散った方が国民のためかと。分かりにくい政治なんです。決められないじゃなくて。

民主党解体の勧め。自民党もお付き合いしてのガラガラポン。電力労組に脅されて、原発反対も言えなくなった民主党。もっとも以前から、例えば菅にしたって反対じゃなかったけれど。票の欲しさの、票乞食ってね。

昔はよく言ったもんです。「電信柱に頭を下げるくらいにならないと当選出来ない」って。納得。電信柱には電気が通っている。原発から供給された。(笑)。

来週の民自党首会談。解散時期を巡っての調整って観測もあり。選挙制度改革しないと選挙は違憲とされる恐れあり。

いいじゃないの。少数政権になっても。あっちこっちと連携していれば。そのうち自民党だって割れてくるだろうし。

大飯再稼働反対の抗議行動。官邸前。その中を堂々と福井県知事は官邸入り。なんの混乱なく。知事が「容認」って言うんじゃしょうがないよ。政権は追認すればいいだけのこと。なんだかんだの「口約束」。なんの証文にもならないし。

うだうだ書きながら「日をむなしゅうしているおもひ」にて・・。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ご亭主様

 ご無沙汰いたしております。

裏切られたら裏切り返すしかないか・・・
次の選挙は・・・
でも、ダメカナー
大したことができなくて悔しいです。

ご亭主様の、投稿文が羅針盤のようになり
にけり。
            aripro

亭主 さんのコメント...

ariproさま
お久しぶりでした。いかがされたかと気になっていました。ありがとうございます。
年のせいか「厭世感」が強くなってきますね。
すくなくとも原発問題について言えば、国民の常識は国家権力やムラにとっては非常識ってことなんでしょうね。
「議会制民主主義」って何なのだろう。不愉快極まりない日々なのです。