2012年6月26日火曜日

マスコミと庶民との乖離

「国会は緊張した局面を迎えています」「あわただしさを増しています」「緊迫しています」。
永田町界隈からテレビを通じて語られている言葉。

こっちは別に緊迫してませんよ。少なくとも国会の情勢に関しては。間もなく本会議採決。さてその後は・・。興味はありますがね。

小沢の乱の政局騒動。来る日も来る日も。その陰で伝えられないニュースや、目立たないニュースが数多く。陰に隠れての悪だくみだって・・・。

で、小沢君。「党中党」なんです。それは昨日今日に始まったことではなく。民主党政権出来てからずっとあったこと。

要するに「お山の大将」でなくてはダメっていう性格。確かに昔からそうだった。

子供の頃、父親が肩車しながらよく歌ってくれた。「お山の大将、俺一人~。後からくるもの蹴り落とせ・・・」って。

確かに、自民党のかつての派閥は「党中党」だった。しかし、どこか「保守本流」という“大義”には従ってきた。

小沢に「正義」だとか、「大義」だとか言われると、日本語が滅んだような気にさえなってくる。安易に使うなよ、その言葉。重い言葉なんだぜ。

消費税増税反対はたんなる口実。言いがかり。意に沿わない奴らは・・・。てなもんじやないのかと。

そして小沢に群がる三下やっこ。党中党の冬虫夏草。寄生虫だぜ。郡山や二本松を選挙区にしている人もいますが。

冬虫夏草どもも「正義」だ「大義」だと言うけれど、要するにどうやったら選挙に落ちないかって計算でしょ。消費税反対って言っていれば票が稼げると。

消費税増税の前にやることある。はい、大賛成。前というか、税制改革、財政再建。増税するなら金持ち優遇税制辞めろってことじゃないのかな。所得税の累進税率変えろって事じゃないのかな。

この事、キリがないから、きょうの本旨でないからやめるけど。

反対したら断固たる処分。賛成!!。もともと寄り合い所帯で、連合の意のままにされている民主党。さっぱりした方がよろしいかと。少数与党だっていいじゃない。国政が混乱するって。あまちょろいことやっていれば、混乱はいつまでもつづく。

もう沢山だ。これを機会にすっかり変えろよ。与野党とも。

“造反”した議員に、お咎め無し。それじゃ、それこそ「大義」にもとるってことじゃありませんか。党を割らない為の弥縫策。やめましょう。

民主党“崩壊”。それは夢から醒めた夢につながるのかとも。

本会議前に一言と。結果どうなるか。腰ぬけ野郎どもがどうするか。お代は見てのお帰りってことで。

「緊迫」「緊張」。今も国会の廊下でテレビ屋さんたちがわめいているはず。渦の中に巻き込まれての政局報道。楽しいでしょうな。はい、亭主、経験ありですから。

0 件のコメント: