2012年11月14日水曜日

「数字」とか「数」とかが闊歩する

とりあえず昨日の塾の報告。「正義」について話し合ったあれこれ。
「正義」という問題提起をしてよかったと思う。正義をテーマにして皆で考えたことが。

「いままで、あまり考えたことはなかったです。これから真剣に考えてみます」。
某社長。
「いままで自分が考えて来た正義と、現実の正義との乖離に気づきました。考えを整理しないと」。これも某社長。

連日のように、このところ書き綴って来た「正義」。法の正義、国家の正義に論点を絞って。元国家公務員は、自らが法を作ってきた立場から、官僚の「ずるさ」を回顧していました。このテーマに一番関心を寄せていたはずの地方公務員、急に家族が入院とかで、講義には参加できず、悔しがっていました。

だから、次回も具体例を引いてやります。フクシマにとっての正義とは、に至るまで。

法の正義に関連して、杉浦千畝の「命のビザ」のことも話しました。知らなかった塾生もいた。本を読んでみろと言いました。

予定時間をはるかにオーバー。時計が刻む時間という数字を気にしながら、繰越・・・。戦争と正義についても関心があったようです。

正義について考える。考える葦の話も余談で提供して、考えることを、どこかで止めていた彼らにとってはいい刺激だったのかもしれません。
「3・11」があったからこそ考えるようになった正義。

なぜ、考えることを止めたか。その根底には「数字」の問題があると思っています。

数字が今の世を語る、極言すれば世相の主流になっている。数字や数ですべてが語られる。

郡山市内でも、あちこちに設置されているモニタリングポスト。時々刻々の「線量」が表示されている。
多くの死者や、多くの避難民、それらも日々数字として語られる。

食品の“安全”も然り。須賀川の米農家から110ベクレルという数値が出た。
大騒ぎ。基準値は100.わずか10ベクレルの「差」が意味するものは。
110と99の差は。

20キロ圏内と21キロの、その間に引かれた線の意味は・・・。

ND,未検出と言っても、それは必ずしもゼロベクレルを指すものではない。

数字によって得ようとする「安心感」。

反原発集会の“評価”も、参加人数の多寡。GDPがいくら下がったとか、どこの売り上げが数字ではこうだとか。

線量、線量の日々。数字だけが信頼に足る基準という「合理的」過ぎる考え。
倫理観や価値観など、人間の「考え」はそこに介在出来ないような。

国会、政治。ここもすべてが「数の論理」。数合わせの論理。数が議員の行動を差配する。

マスコミは世論調査という数字を金科玉条のように掲げる。テレビは視聴率という数字に右往左往する。日々のこと。

数字、数字。人は数字というタガの中でしか生きられないのか。時間という数字に縛られる。

きょうは寒さが増しています。天気予報の気温の数字や降水確率がやたら気になる・・・。

「数字」を「正義」の範疇にいれて論じるつもりはありませんが・・・。

数字が全てという社会はやはり味気ないような・・・

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
数字が全てという社会は味気ない。同感です。
測る、量る、計る。重さ、長さ、量、大きさ等々を数字で表します。
測定器、物差し、秤で。大きさ、重さ、長さを、そして比べます。
小学校一年生でも簡単に判る。どっちが大きいか、長いか、多いか、重たいか・・・。
数字で測れないものって世の中に沢山ありますよね。測れるものよりも。
身近なものでも、痛さ、悲しみ、喜び、幸福、怒り・・・・・・・。
ある人が痛さを計る単位を決めました、鼻毛一本を抜く痛さを「ドン」とか。でもこれはいぼ痔には使えないことが判明。
正義って天秤に懸けてバランスする瞬間じゃないのかなあ~とも思う。
政治と民衆。善と悪とか・・・。
正義って追求するものじゃないのでは。正義の味方は鞍馬天府。誰が杉作になれるのか。
今日は伊玖馬の7才の誕生日です。この子に「正義」を教える義務があるジジバカ。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
天秤論、なるほど。
月光仮面も正義の味方だったけどね(笑)。
でも、月光仮面は誰でしょう~~と歌ではなっていたし。

追及すのものではない。判断するものかも。

正義を求めたのではなく、正義を考えて貰ったというのが塾の主旨。

イクボン、お誕生日おめでとう。よろしくお伝えくださいな。

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...